阿蘇の町は火山灰がすごかった

昨日爆発的噴火をした阿蘇。
その火山灰は遠く香川県まで飛んでいったとニュースで知りました。

昨日所用で大分に行きましたが、大分市内も火山灰が降っていて微かに硫黄の臭いが漂っていました。

大分に行く時は阿蘇外輪山を越えて湯布院経由のルートだったので火山灰が阿蘇の麓でどれほどだったか分からなかったけど、帰りに国道57号を利用し阿蘇の街中を通ったら・・・。

IMG_3514 (1024x1024) (640x640)
雨でぬれた火山灰でスリップしそう
IMG_3516 (1024x1024) (640x640)
車屋さんの看板も真っ黒
IMG_3517 (1024x1024) (640x640)
中古屋さんお車も真っ黒・・黒い車じゃなくて(^^;

相当量の火山灰が降ったことがうかがえます。
火山灰だけでなく噴石も飛んできて被害が出ていたようで、夜中の噴火だったから人的被害などが少なかったのでしょうね。

風向きが東方向だったので熊本市内方面には全く火山灰は降ってません。
というか、多量の火山灰が降った阿蘇神社のある宮地から4kmほど西に行った阿蘇駅前交差点付近では火山灰はありませんでした。

IMG_3518 (1024x1024) (640x640)

風向きによってこれだけ差が出るんですね。

この阿蘇駅の奥に「内牧温泉」があります。
熊本地震で100%予約客がキャンセルし、ようやく最近客足も戻ってきました。
報道で
「活動活発化の恐れ」
「県道また通行止め」
「被災地を襲う噴石」
とか大きく見出しにしてますが、一部地域です!

残念ながら阿蘇山の名所「草千里」には現在立ち入り禁止になっていますが、温泉宿などは通常営業。報道は被害がなかったところもちゃんと知らせてほしい(熊本地震のときもそうだったけど)

今回の報道でまた観光客が遠のくことがないことを祈ります。

だってこの程度の噴火を繰り返す桜島は爆発しても客足は減らないのだから。
POI
スポンサーサイト
[ 2016/10/09 06:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)
観光資源
噴火してこその桜島。
噴火しないと観光資源の魅力が低下しかねず、噴火する事を心待ちにしている観光業者さんやバスガイドさん達。
現地を観光して、良く判りました。
ガイドさんも晴れがましい顔をなさって、噴火を説明されていました。
そんな桜島と違い、阿蘇山は噴火慣れしていない????。
不謹慎ですが、そんな気も致します。
被害がこれ以上広がらないことを祈るばかりです。
[ 2016/10/09 10:37 ] [ 編集 ]
相当な量の火山灰が降るのですね。真っ黒!
東北に住む私には想像もつきません。
被害が少ないことを祈ります。

>だってこの程度の噴火を繰り返す桜島は爆発しても客足は減らないのだから。

なるほどね~と思いました。誠意のある報道を同時に祈りたいと思います。
[ 2016/10/09 12:00 ] [ 編集 ]
きたあかりさんへ
こんにちは。
やはりというかなんというか、宿泊客のキャンセルが数百人出たそうです。
阿蘇山のメーンスポットの草千里も今日から立ち入りができるようになり灰はほとんど降ってないのに、天気も良く3連休の中日でありながら観光客もまばら。
早く立ち直ってほしいです。

「大丈夫ですよ!」ってTVや新聞で報道してほしいです。
[ 2016/10/09 14:04 ] [ 編集 ]
MKさんへ
阿蘇は噴煙こそ上げ小規模の噴火はしていますが、今回の爆発的噴火は春の地震と同様に予想もしてなかったから慣れてないというか、どうしようもないですね。
これ以上大きな噴火がないことを祈るばかりです。
[ 2016/10/09 14:06 ] [ 編集 ]
こんにちは♪
阿蘇が噴火した!!って父ちゃんとビックリしたんです

阿蘇方面ではないのですが、距離的にどうなの?って
火山灰はどうなんでしょう~

少しでも早く落ち着いてほしいですね
[ 2016/10/09 17:35 ] [ 編集 ]
豆兄弟の母さんへ
火山灰は西のほうに流れていったみたいですが、宮地あたりは多かったみたいです。
なんかまだ警戒が必要らしいですが、温泉旅館のキャンセルのあったようなので早く収まってほしいです。
[ 2016/10/09 20:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL