北方領土が目と鼻の先「納沙布岬」

霧多布岬からおよそ1時間半、北海道の最東端「納沙布岬に到着しました。

nosappu (1)

nosappu (2)

オホーツク海と太平洋の両方が望める風光明媚な岬です。
訪問した日の波は比較的穏やかで沖合いでは漁船が沢山見えました。

でもこの平和な納沙布岬は北方領土に近い岬なのですね。

nosappu (4)

納沙布岬のある根室市に入るといたるところに「北方領土返還」の文字を沢山見かけました。

そして、岬からは間近に島が見えます。
山のない平坦な島、秋勇留島(あきゆりとう)などが間近に見えます。

nosappu (5)


実はすごく恥ずかしい話、納沙布岬を訪れる前まで「北方領土=北方四島」は島が4つと思っていました。
が、歯舞は一つの島ではなく群島だったのですね。
初めて知りました。

北海道から戻って職場でこの話をしたら多くの者がBBと同じ考えだったのでちょっと安心しましたが、でも正しく理解しておかないといけないですね。
北方領土は日本の島なのだから。

以前なんとかという大臣が「歯舞」を読めませんでしたが、たぶんこの大臣も歯舞が群島だと知らなかったのではないでしょうか。

納沙布岬から北方領土の中で一番近い歯舞群島、その中にあるのが貝殻島です。
朽ち果てそうな灯台が立っています。

nosappu (7)

岬からこの灯台まで3.7km。
泳いで渡れそうですが、そこはもうロシア。
納沙布岬とこの貝殻島灯台の中間に暫定国境がひかれているのです。

貝殻島周辺にいる船は日本の漁船で、昆布を採っています。

ロシア領なのに?

毎年6月から9月末までの4ヶ月間だけここで昆布を採取できる協定をロシアと結んでいるそうです。
でも、そのために1億円近い保障料を支払っていると聞きました。
漁船一隻あたり約40万円の支出だそうですが、昆布漁の収益が400万から500万あり、他に産業のない納沙布岬では貴重な収入源なのでロシアに入漁料を支払っても昆布とりを続けているのです。

でも本来なら無料なんですよね。


何かトラブルがあったらいけないと監視のためにか、海上保安庁の巡視船が行き来していました。

nosappu (3)

ニュースでしか知らなかった北方領土。

nosappu (6)

肉眼で見えるこんなに近く、本当に目と鼻の先にあるとは知りませんでした。

はやく返還して欲しいですね。
POI
スポンサーサイト
[ 2017/09/30 06:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)

霧多布岬は湯沸岬。ん?「ゆわかし岬」?

北海道旅行の初日は熊本から釧路までの移動でつぶれ、翌日から北海道ツアーが始まりました。
そして最初に向かったのが霧多布岬(きりたっぷみさき)です。

霧多布は「きりたっぷ」と読みますが、知らないと読み方が分からないです。でもこれはまだ読めるほうかなあ。
北海道の地名は難しい。

霧多布岬に行く途中にあった町が「厚岸」。

え?「あつきし」?

kiritappumisaki (1)

「あっけし」だそうで、牡蠣が美味しい町だそうです。10月初旬には「牡蠣祭り」行われます。
「厚岸」を「あっけし」、九州人で読める人はどのくらいいるんでしょうね。でもこの地名は序の口だと今回の旅行で知りました、が、その話題はまたいずれ。

この看板の横に見える黄色い旗には「交通安全 スピード ダウン」と書かれていました。

その言葉を守り霧多布へ。
言葉を守ったつもりが予想以上に早く目的地に到着しました(^^♪

kiritappumisaki (5)

霧多布岬は正式には湯沸岬(とうふつみさき)というそうです。
なんでも、“湯沸”を「ゆわかし」と読む人が多いため、 現在では一般的に霧多布(きりたっぷ)岬と呼んでいるのだとか。
「ゆわかし」、もとい「とうふつ」よりも「きりたっぷ」のほうがロマンを感じますよね。

そしてここは映画「ハナミズキ」のロケ地。

kiritappumisaki (7)

この映画は観ていないですが、説明書きには「沈む夕日に照らされる灯台が・・」って書かれています。
でもここは朝日が望める地なんですけど、どういうシチュエーションかすごく気になります。

その夕日に照らされるという灯台がこれ。

kiritappumisaki (4)

kiritappumisaki (9)

灯台は白いイメージですがここのは紅白です。

そしてなんとこの灯台は、昨年、一般社団法人日本ロマンチスト協会と日本財団が共同で実施している『恋する灯台プロジェクト』で、北海道で唯一「恋する灯台」として認定されたそうです。
ちなみに「恋する灯台」は全国に21箇所あるのだとか。

そんなロマンのある灯台が「ゆわかし」いや、「とうふつ灯台」という名称では正式名称とはいえ、あまりにも寂しいのではないでしょうか。
霧多布灯台のほうが絶対いいですよね。。

またここは、トッカリ(アザラシ)を見かけることからトッカリ岬とも呼ばれているそうです。

でもやっぱり「霧多布」のほうがロマンを感じます。

この岬にはキャンプ場もあって、ここでキャンプすれば早朝、どこまでも広がる太平洋から昇る朝日が望めます。
もちろん釧路に宿泊しても、ちょっと早めに出発し「スピード ダウン」を横目に走れば、朝日が顔を出す頃に到着できるのではないでしょうか(^^♪
POI
[ 2017/09/29 06:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

楽しい北海道旅行から帰宅

昨夜無事に熊本に帰ってきました。

天気が崩れると予報されていた北海道、新千歳空港では青空の下で駐機している飛行機を楽しめました。

chitose (2) (640x480)

この景色を眺めながらのビールが最高(^^)

chitose (1) (480x640)

支笏湖を10時ごろ出発し恵庭渓谷経由でレンタカー返却、そして空港に到着したのが12時前。

ちょうどお昼時だったので空港で札幌ラーメンかお寿司でもと思ったら、新千歳空港ってデカイ!
一昨年は函館空港からの出発だったのでそうでもなかったけど、新千歳の大きさと行きかう人の波に圧倒されました。
ということで、お土産を(お土産屋さんもすごい混雑)買って、ラーメンもお寿司も諦めました。

で、ビールを飲みながらいただいたのが「空弁」(^^♪

chitose (3) (480x640)

chitose (4) (480x640)

「新千歳空港名物」!

これは食べるしかないでしょう(笑)

chitose (5) (480x640)

パッケージの写真と比べると「カニ」がちょっと小さい?
いやいや、カニの身はたっぷりと入っていました。
北海道米「ほしのゆめ」、初めて聞いたブランド米ですが、ご飯とカニとそして紅しょうがを一緒に食べると美味しさが口いっぱいに広がり、離着陸する飛行機を眺めながらだからなのか、空弁の味、最高でした。

空港内のレストランで札幌ラーメンや寿司をたべるよりもよかったかも。

空弁も食べ終わり搭乗時間を待っていると徐々に雲行きが怪しくなってきました。

chitose (6) (640x480)

飛行機が飛び立った後はすぐに雲の中になり、その後はずっと雲の上を飛行。

そして福岡空港では厚い雲の中を離着陸する飛行機が多く待機し、出発が25分遅れたのに加え到着予定時刻がさらに20分近く過ぎてしまいました。

ゲートに飛行機が到着したのが17時45分ころ。
それから大急ぎでバス停まで行き、17:52発の熊本行きに乗れました。
(これを逃すと次は1時間後)

ということで無事帰宅。

明日からしばらく北海道旅行記が続きます(^^;
POI
[ 2017/09/28 06:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(16)

北海道旅行最終日

1週間の北海道の旅も今日で終わり。
午後の便で熊本に戻ります。

今日から天気が崩れる北海道、滞在中は寒くもなくよい天気に恵まれました。

そして、やはり日頃の行いがいいのか、昨日は支笏湖の素晴らしい夕景を観賞できました。

041_convert_20170926200549.jpg


一昨年はここまできれいな夕景が観れなくて残念だっったのですが、今回は見事に夕支笏湖いっぱいに夕景広がりました。
終わりよければ全てよし。

ちょっと心残りはスープカレーと札幌ラーメンを食べていないこと。

次回これらを楽しむために、また秋刀魚の時期に北海道を旅したいと思います。
POI
[ 2017/09/27 05:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

襟裳岬のラーメン

昨日、釧路を出発する頃は空に厚い雲が。

釧路から、愛国駅と幸福駅へ。(これらの記事はまたいつか書きます(^^;)
ここでも天気はイマイチ。

が、襟裳の天気は。

024_convert_20170925193453.jpg


もう本当に日頃の行いがいいとしか言いようがないですね(笑)

到着したのがお昼時だったので襟裳岬観光センターで食事をすることにしました。

いろんなメニューがあったのだけど、人気メニューらしい「えりも岬ラーメン」を注文。

醤油、味噌、塩の3種類の味から選べ、おススメをお姉さんに聞いたら、「私は味噌か塩、海鮮ラーメンなんです」
というので塩味のラーメンにしました。

運ばれてきたのがこれ。

014_convert_20170925193347.jpg

さて、何が「襟裳岬」なんだろう?
なんて考えながらスープを一口。

015_convert_20170925193521.jpg

あっさりで美味しかったです。
塩分もそんなに強くない・・・と思います。

かんじんの麺は。

016_convert_20170925193418.jpg

細麺です。
細麺にスープがよく絡まって美味しかったです。
カニの身も・・・ま、それなりに(^^;

税込み990円。
天草のペルラの湯舟のレストランでいただける「特製ペルラ海鮮ちゃんぽん」(980円)と比べると・・・・。

比べたらいけないですね、ここは最果ての地襟裳岬で食べるラーメンなんです。いいじゃないですか。

店内は
♬えりもの春は~♬
流れていました(^^)

襟裳岬については、後日詳しく記事にします。
今日はとりあえず「えりも岬ラーメン」でした。
POI
[ 2017/09/26 06:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

釧路で秋刀魚握りずし食べました(^^)

昨日、釧路に戻ってきました。

ホテルで「秋刀魚の寿司が食べたい」とお願いして、日曜日なので閉まっている店が多い中、秋刀魚を食べさせてくれる店を探してくれました。

そして、向かった店で最初にいただいたのが、秋刀魚の刺身とタタキ。

045_convert_20170924205222.jpg


刺身も美味しいけど、タタキがめちゃくちゃ美味しかったです。
タタキってカツオのイメージだけどまったく違います。
なんていうのか・・・・言葉にできない美味しさ、初めて食べました。
北海道だからこその味わいですね。

釧路の辛口日本酒によく合いました。

そして何かおススメはありますか?
と聞いて出されたのが、イワシの刺身。

051_convert_20170924205256.jpg

いやぁ、こんなイワシは食べたことがないです。
脂がのっていて、とろけるんです、口の中で。
秋刀魚も美味しいけどイワシも最高!

そしてさらに、お酒のあてにおススメのニシンの麹漬けもいただきました。

052_convert_20170924205359.jpg

♬ニシンきたかと カモメにとえばぁ♬
なんて口ずさみながら、食べませんでしたが(笑)
熊本では食べられないです、これも釧路のお酒によく合いすごく美味しかったです。

で、〆。もちろん握りずし。

054_convert_20170924205440.jpg

イワシがすごく美味しかったのでそれの握りも。
左がイワシの握りで右が秋刀魚。
めちゃくちゃ美味しい、釧路最高!

北海道に来た最大の目的は秋刀魚の握りずし。

ということで秋刀魚の握りを追加(^^)

056_convert_20170924205513.jpg


きれいですねぇ。
美味しそうですね。
もう大満足でした。

ちなみにこれらをいただいたのは釧路繁華街にある「都寿司」さん。

059_convert_20170924205544.jpg

なんと握ってくれた若大将?は福岡県糟屋郡出身なんだとか。

そしてさらに、大将は11月に熊本の鶴屋百貨店であるイベントで出店するそうです。

鶴屋でまた会いましょう、と大将と約束をして店を後にしました。

釧路ってなんか縁があるなぁ、なんて勝手に思いました。
POI
[ 2017/09/25 06:15 ] 食べ物 | TB(0) | CM(10)

秋刀魚を食べた(^^)

北海道旅行の目的のひとつが秋刀魚。
ようやく昨日食べました(^^)

いや、一昨夜の食事で秋刀魚の刺身が二切れ出たから初めてではないのだけど。
それでも今年初めての丸ごと秋刀魚です。。

019_convert_20170923190913.jpg

昨日のお昼にいただいた、すごくシンプルな焼き秋刀魚定食。
シンプルなのにはわけがあります。

016_convert_20170923190816.jpg

網走で食べたのです(^^)

監獄食です。
昔の囚人はこんな美味しい秋刀魚焼き定食を食べていたんですね。

秋刀魚、旬だからなのかすごく美味しかったです。

020_convert_20170923190952.jpg


ちなみに監獄食はAとBがあってBはホッケでした。
ホッケも秋刀魚もすごく美味しいですよね。
昔は両方とも手軽に入手できたんでしょうね、今年の秋刀魚の漁獲数だとメニューにはなかったかも。

なんてことを考えながら監獄食をいただきました。

ご飯はもちろん麦飯。

027_convert_20170923191024.jpg

美味しいです麦飯。

肥満防止や便秘の解消に効果があるとか、コレステロール減少、血圧の上昇抑制などにも効果ありとか。
麦飯に秋刀魚、網走の囚人は健康そのものだったんでしょうね。
POI
[ 2017/09/24 06:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

広い北海道そんなにゆっくりじゃ目的地に着かないよ

昔、
「狭い日本、そんなに急いで、どこにいく?」
なんて標語がありましたが、

それは北海道では通用しません。
急がないと目的地に着きません(^^♪

昨日は霧多布岬に行きました。

kiritappu_(1)_convert_20170922203100.jpg

釧路からおよそ90km。

90km、一般道だと早くて2時間、2時間半はにておく必要があります(九州の田舎では)。

昨日は天気がよく霧多布の日の出がきれいだろうなぁと思い、日の出時間を調べたら5時ちょっと過ぎ。
釧路からだと3時には出発しないと・・ということで諦めたのです。

夜明けの鹿の飛び出しにも注意しないといけないと思い、九州と違ってもう十分空は明るい釧路を5時半に出発。

そして、霧多布に到着したのがなんと7時前(^^♪

1時間ちょっとで到着。これだと4時に出発していたら日の出が見えたのかも。

北海道の方、飛ばします。

千歳から釧路に向かうときに利用した道東自動車道は、ほとんど片側1車線で、70km規制。
大型トラックが前を走っているとだいたい時速80kmくらいでした。

これは通常ですね。

が、霧多布に向かう一般道、高速道路より・・・。
制限速度+10kmで走っていると、どんどん追い越されるは、あおられるは(>_<)。

と、いうことで北海道の方に見習って運転したらすごく早く霧多布岬に到着しました。

kiritappu_(2)_convert_20170922203143.jpg

もう少し早く出発していたら水平線から昇る太陽が拝めたのに・・残念。

この景色を見た後、納沙布岬、野付半島、羅臼、そしてウトロに到着。
ウトロには16時前に到着しました。

「広い北海道そんなにゆっくりじゃ目的地に着かないよ」
ですね(^^♪
POI
[ 2017/09/23 05:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

釧路の夜はココで決まり!なんだけど

北海道の旅が始まりました。

14:00に新千歳空港に到着、それからレンタカーを借りて道東自動車道をひたすら釧路に向けて運転。
ホテルに到着したのは18時過ぎでした。

チェックインし、釧路名物が食べられるおススメの店をホテルで教えてもらったり、「今夜はココで決まり!」のパンフレットをもらってイザ!

291_convert_20170921205411.jpg

ですが、どこも満席(>_<)
釧路の方は平日でも飲み会が多い?

車の運転で疲れていたし空席を待つ元気もなく・・・。残念

釧路食堂に行ったらここも20分待ち。
待とうか・・・でもあきらめて帰ろうとしたら、ちょっと待ってください、と。
天使の声か?
と思ったら、クーポン券をくれました。

292_convert_20170921205500.jpg


日曜日にまた釧路に宿泊予定なのでこれを持って訪問しようと思います。

ということで、初日は秋刀魚にありつけませんでした。
POI
[ 2017/09/22 06:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)

今日から「おとな旅プレミアム北海道」(^^♪

いよいよ北海道旅行。

計画しているときに3連休を利用して、と思いましたが、「なにか違う」と感じて今日からにしました。
そしたら3連休はまさかの台風。
運がいいのか?

12時間後くらいには釧路に到着している予定。

さてさてどんな旅になることやら。
POI
[ 2017/09/21 06:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(16)
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア