月別アーカイブ  [ 2017年04月 ] 

門司港駅がよみがえるまであと一年

レトロな雰囲気が魅力的な門司港駅はまだ改修工事中で、すっぽりと建物は覆われていますがあと1年、来年の3月には元の姿が披露される予定です。

門司港駅4

門司港駅

ルネッサンス様式の駅舎は、駅舎としては初めて国の重要文化財に指定されています。
あと1年、美しい駅舎に再会できるのが待ち遠しいです。

駅舎は工事中ですが利用はできます。

IMG_4043 (640x427)

駅舎内に入ると門司港駅の歴史を物語るものも残っています。
それが「関門連絡船通路跡」。

連絡船

関門鉄道トンネルが開通するまでは、乗客はここで汽車(電車ではありませんあくまでも汽車(^^♪)を降り、下関へ向かう連絡船に乗り換え、または下関から来た乗客はここで汽車に乗り換えていたのです。

九州の鉄道の幕開けは、明治24年(1891)、ここ門司港から熊本県の玉名駅まで開通したのが始まりで、九州の玄関口として関門鉄道トンネルが開通するまで大いに繁栄したということです。

改札口からみると線路はここで終わっていて九州鉄道の始まりだということを実感できます。
函館駅もこんな雰囲気でしたね。
また、改札口からホームに入った場所に、ここが始点だということを示す、「0哩(ゼロマイル)」の記念碑があり、そこに旅たちの鐘、幸運の泉も見ることが出来ます。

IMG_4050 (640x427)


「旅立ちの鐘」は駅舎開業当時に実際に発車ベルとして使用されていたもので、これを磨きなおし 旅人の出発を祝福する鐘 としてここに設置されています。
挙式を控えた新郎新婦が鳴らしたり、時間に制限はありますが観光客も自由に鳴らすことが出来るようです。

門司港といえば「レトロ」。
駅内部も「レトロ」が満載です。

IMG_4047 (640x427)

IMG_4051 (640x427)

IMG_4053 (640x427)

門司港駅の職員の制服もレトロ風。
やるね、JR九州(^^)

門司港といえば「バナナの叩き売り」の発祥の地です。

IMG_4055 (640x427)


門司港駅の改修工事が始まる前、駅舎の前で「バナナのたたき売り」が行われていたのを何度か見たことがあります。
あと1年後、よみがえった門司港駅の前でバナナのたたき売りの実演がまた再開されるといいなぁ。
POI
スポンサーサイト
[ 2017/04/02 06:49 ] 旅行 | TB(0) | CM(2)
カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア