月別アーカイブ  [ 2017年03月 ] 

棚田と焼き物の里の共存

長崎県の「鬼木棚田」。
棚田百選に選ばれています。

IMG_3794 (640x427)

IMG_3793 (640x427)

斜面に石垣で畔を築き、棚田が段々に重なっています。
何十段も重なっている絶景の棚田です。

この棚田の隣に隣接しているのが、波佐見焼きの里の中尾山です。

中尾山には波佐見が日本の磁器生産の中心だったことを裏付ける遺跡「中尾上登窯跡」があります。

IMG_3805 (640x427)

IMG_3804 (640x427)

この窯、全長は約160メートルという大きさで世界で2番めに大きい巨大窯だそうです。
遠くから見るとスキーのジャンプ台に見えます。

ここから全国各地に向け、「くらわんか碗」や、醤油や酒を入れた「コンプラ瓶」などが焼かれていたんですね。

その焼かれた陶器を割れから守ったのが藁。

棚田で取れた藁が波佐見焼きを優しく包んで輸送されていたんですね。
棚田と焼き物の村が共存していたのです。

ここから日本全国はもちろん世界へ向けて波佐見焼きが鬼木の棚田の藁に包まれて、発送されていったのかと思うと感慨深いです。
POI
スポンサーサイト
[ 2017/03/05 06:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア