いまきん食堂の赤牛丼

阿蘇市内牧にある1910年創業の「いまきん食堂」、以前から有名ですが、最近は、また全国放送で放映された影響でしょうか、さらに客が増えているような気がします。

食堂の横で客を出迎える赤牛くん(^^)

IMG_0678 (480x640)


訪問したのは、先週の土曜日(9月26日)。
このお店は11時の開店ですが、9時40分位に到着したらすでに30人くらい並んでいました(^^;

IMG_0676 (478x640)

実はこの日、朝8時30分くらいに店の前を通ったのですが、すでに1名並んでいる人がいました。
すごすぎる!
そして僕が並んで10分もしないうちに後ろにも長蛇の列。

この食堂、11時開店ですが客が多いときは早めに開けてくれることがあります。
この日も10時10分頃、50分も早く開店してくれました。

そんなみんなが求めてやってくるのは

IMG_0680 (640x478)

「あか牛丼」です。
そして「ちゃんぽん」も美味しいということで注文しているグループもいました。

僕は一人なので本当はちゃんぽんも食べたいけど、「あか牛丼」を。
それもメニューに載っていない「大盛り」(^^;

IMG_0681 (640x478)

入店して30分くらい待ったでしょうか、やってきました「あか牛丼」。

このお店は、朝一番は並んでいる客を一度に入店させますが、並んでいる順番(入店の順番)を正確に把握していて、先頭に並んでいた人から食事を提供していきます。
だから列の後方で入店できても店内で待ち時間があるということになります。

さて、やってきた丼のふたを開けると、

IMG_0684 (640x478)

ご飯の上にあか牛が敷き詰められ、その上に温泉卵が2個(^^) 「あか牛丼 大盛り」100円増しです。
お肉にわさびをちょっとつけて食べると美味しいんです。
タレも上品な味で、そして肉の味を邪魔しないよう控えめにつけられています。

そして写真では分かりづらいですが、あか牛で作った「肉味噌」がちょこんと乗っていて、これがまたご飯とよく合い、大盛りでも足りないくらい(^^;

行列が出来るわけです。

名物にうまいものなしとか、行列の出来る店には「本当に美味しいの」という疑問の声とかもありますが、10人中8人は長時間並んで食べても美味しいと思うのではないでしょうか。

食事が終わり外に出ました。
行列です。

IMG_0686 (480x640)

ここにいる人たちはもうすぐ入店できる人たちでしょう、それでも1時間以上は待っているはずです。
店を出たのは通常の開店時間の11時頃でしたが、開店時間が11時ということでこの時間に来たら、たぶん2時間近く待ちになってしまうような客の多さです。

大勢の客が並ぶには狭い町なので店員に名前を告げ予約番号をもらいいったん解散します。そんな人たちは、「いまきん食堂」の周辺にある漬物屋や小物屋で時間をつぶす方もいます。
2時間あると阿蘇山を往復できるので観光後に来る客もいるようです。

「いまきん食堂」の隣に「おしま屋」という小物屋さんがあります。

IMG_0687 (480x640)

この店にはCafeがあって、いまきん食堂の待ち時間を過ごすことが出来ます。
順番がきたら教えてくれるそうです。

IMG_0688 (480x640)

いや、大人気の「いまきん食堂」。
昨年、平日の11時くらいに訪問した時はすんなり入れましたが、今は平日も週末ほどではないにしろ行列が出来るとか。

この「いまきん食堂」は阿蘇の観光客誘致に一躍買っているのですね、きっと。

また行列覚悟で訪れたいと思います。
「あか牛丼」と「ちゃんぽん」を食べたら、さすがに多いだろうなぁ(^^♪
POI
スポンサーサイト
[ 2015/09/30 06:58 ] 食べ物 | TB(0) | CM(6)

くまっと楽しむ券の抽選券

「くまもっと楽しむ券」を利用して宿泊し、宿泊場所でアンケートに答えると「抽選券」がいただけます。

IMG_0696 (480x640)

「くまもっと楽しむ券」で熊本県特産品やくまもと・ふろモーショングッズを当てよう!
「ふろモーション」って、オヤジギャグ?(^^;

抽選会場は菊池や玉名、小国や阿蘇、人吉や鹿本など県内主要な温泉地を含む12箇所。
これまでの宿泊分と今回の分をを合わせ抽選券が4枚になったので黒川温泉内にある抽選所で2枚、菊池の抽選会場で2枚、熊本県産品を当てるべく挑戦しました。(2箇所で引いたのは4枚一度に引いて全てがD賞だったら悲しいから)

IMG_0697 (480x640)

結果は!
3枚のD賞(はっきりいってスカっていうやつ(^^;)。
くまモン飴です。
IMG_0740 (640x480)

なんとなく、くまモンの顔が残念だったねというような表情に見えるのは気のせいでしょうか(笑)

そして、なんと1つはC賞が当たりました!これは黒川温泉で。

IMG_0741 (640x480)

熊本営業担当部長くまモンの活動拠点である「くまモンスクエア」のくまもと・ふろモーション課監修?のボディタオルです。

コラーゲンですよ、日本製ですよ。
やるなぁ、くまモン(笑)

実は先日、無印良品でボディータオルを買おうとしたのですが止めてよかったです。

くまモンも「よかったね~」と泣いて喜んでくれているようです(^^)
POI
[ 2015/09/29 06:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(12)

黒川温泉 美里旅館

1万円分の旅行券が5千円で購入できた「くまもっと楽しむ券」。
この券の有効期限が迫っていたので、週末に黒川温泉に宿泊しました。

宿泊したのは土曜日でもオヤジ一人で泊まらせてくれる美里旅館です。

IMG_0706 (480x640)

ここの露天風呂は条件によっては温泉の色が変わることで有名です。
残念ながら他に入浴者がいたので写真は撮れませんでした。

で、色は変化した? これも残念ながら、滞在中、温泉の色は透明のままでした(^^ゞ

内風呂は誰も入浴していなかったのでパチリ、こんな感じ。
部屋数が14の旅館なので十分の広さだと思います。
IMG_0707 (480x640)

夕食は部屋食でした。
オヤジ一人の部屋食、いいんだけど、なんか微妙(^^;

食事の内容は・・ん~・・先日泊まった同じ黒川温泉内の旅館に比べると見劣りするかな。

IMG_0717 (480x640)
食前酒 ブルーベリー酒

IMG_0712 (480x640)
先付 
IMG_0719 (480x640)
前菜 柿の形をしたのはうずらの卵
IMG_0710 (480x640)
馬刺し 柚子胡椒でいただきます
IMG_0714 (480x640)
煮もの
IMG_0721 (480x640)
洋皿 肥後牛チーズポテト焼き
IMG_0720 (480x640)
自然薯鍋 豚肉鍋が煮立ったら自然薯を投入
IMG_0713 (480x640)
土瓶蒸し
IMG_0718 (480x640)
茶わん蒸し

これらにご飯と漬物がでました。

デザートは、柚子のレアチーズケーキと梨です。

IMG_0724 (480x640)


馬刺しは熊本だから必ず出すとしても、魚の刺身と天ぷらがなかったのがちょっと寂しかったです。
量はオヤジが食べるにはちょうど良かったけど若者には物足りないかも。

朝ごはんは大広間でいただきました。
最近の宿は生卵を出すところが少ないのだけど、ここは生卵が出たのでポイントアップです(^^)

それなりの宿泊料金がしたのでもう少し食事の内容に頑張ってほしいなぁと思いました。
でも従業員の対応はとてもよかったです。
よく教育されているんだなぁと感じました。
POI
[ 2015/09/28 06:46 ] 温泉 | TB(0) | CM(4)

エンゲルベルト・フンパーディンク

今日はエンゲルベルト・フンパーディンクが亡くなった日。
とはいっても、歌手のエンゲルベルト・フンパーディンクではなくて作曲家のエンゲルベルト・フンパーディンク。
なんかややこしいですね(^^ゞ

エンゲルベルト・フンパーディンクはドイツの作曲家ですが、歌手のエンゲルベルト・フンパーディンクの方が有名ですよね。

歌手のエンゲルベルト・フンパーディンクは芸名で、作曲家のエンゲルベルト・フンパーディンクからいただいたそうです。
本名はArnold George Dorseyということです。

その歌手のエンゲルベルト・フンパーディンクの代表曲といえば、「太陽は燃えている」
原題は「Love me with all of your heart」です。



いい曲ですよね、およそ90年前に亡くなったエンゲルベルト・フンパーディンクも天国でいい曲だなぁと思っているでしょう。
POI
[ 2015/09/27 06:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

北海道旅行計画

北海道の旅を計画中。
というか、すでに飛行機と宿、レンタカーは予約しているので実行するのみですが。

過去2回訪れたことがありますが、それぞれ2泊だったのでなんと今回は5泊の旅です。

で、どこに行くか?何を食べるか?
検討中(^^)

IMG_0641 (480x640)

IMG_0642 (480x640)

九州だと5泊もあれば主要な観光地は全て周れるので、北海道も。
なんて考えていたら甘いですね。

でっかいどー ほっかいどー! ですから。

なので、主に道央、道南地域が主な旅先になります。

前回訪問したときに、さんまの握り寿司がとても美味しかったのでそれは絶対食べたい。
ラーメンも、イカソーメンも、カニも。
どんなオッサン一人旅になるか楽しみながらガイドブックを眺める毎日です。
待っててくれよ~ 北海道。
POI
[ 2015/09/26 06:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(12)

武者返しとボンディア

以前からスゴイ・・いや、すごく気になっていたお菓子があります。

それは、大分の菊家が販売する「ボンディア」と熊本の香梅が販売する「武者返し」です。

IMG_0438 (480x640)

この二つスゴイ・・いや、すごく似ているのです。

IMG_0439 (480x640)
上が武者返し 下がボンディア

ボンディアのほうが大きいのが分かります。
では味は?

やはり気になるものは食べ比べてみないと分からない、ということで食べてみました。

両方とも小豆を使用した餡をパイ生地で包んで焼いています。

IMG_0440 (480x640)


写真では分かりにくいですが、武者返しのほうがやや紫色をした餡です。

そして味は、パイ生地は同じような味でしたが、餡はボンディアのほうがしっとりとした食感でした。

いやぁ、それにしてもそっくりなお菓子です。

どちらが先に販売されだしたのか気になります。
調べたら、香梅の武者返しは、年昭和52年(1977年)11月から発売されたそうです。
そして、菊屋のボンディアは昭和53年(1978年)に大分市がポルトガルのアベイロ市と姉妹都市となったことを記念して創作されたお菓子だそうです。


ん~、菊屋が武者返しを参考にしたのか・・・・?なんてことはないですよね、たぶん。

そして偶然なのか、2002年に熊本で開催された「第24回全国菓子大博覧会」で両菓子ともに、「世界洋菓子連盟会長賞」を受賞しているのです。

香梅の武者返しは熊本城の石垣「武者返し」から名前がつけられています、菊屋のボンディアはポルトガル語の「こんにちは」です。

どちらかというと洋菓子っぽいので、名前はボンディアの勝ちかなぁ(^^;

そういえば北九州にある湖月堂の「ぎおん太鼓」も餡をパイで包んでいます。
大分、熊本、福岡の三つ巴・・・・
もしかしたら、長崎や佐賀、鹿児島や宮崎にも同じようなお菓子があるかもしれません。
調べてみようかな、なんて思ったりして・・(笑)
全国各地いろいろな似たお菓子があるんでしょうね。
POI
[ 2015/09/25 06:42 ] 食べ物 | TB(0) | CM(12)

デッキの青苔除去

シルバーウィークはどこにもいかずに家でゴロゴロ。
と、していたかったのですが「粗大ごみ」となってしまうので働きました(^^ゞ

換気扇の油汚れ掃除等々。

メーンイベントはウッドデッキの青苔取りです。

IMG_0645 (640x480)

デッキのところどころに青苔が散見されました。
これを高圧洗浄機で除去していきます。

IMG_0650 (480x640)

青苔が取れたところは塗装も剥げてしまいます。
たぶん苔が内部まで浸透していてもろくなっているからかもしてません。

IMG_0659 (480x640)

このまま放っておくわけにはいかないので、登場するのがキシダデコールです。

IMG_0658 (480x640)

ドイツ生まれの木材保護塗料 キシラデコールです。
ちょっと高いんですよね。
今回、近くのホームセンターで広告品として売られていたので1000円くらい安く買えましたけど・・・。

これをデッキに塗っていきます。
ちなみに色はウォルナットです。

IMG_0660 (480x640)

約2時間で塗り終えました。

どんどん年を取っていくとこんな作業も自分ではできなくなるのかなぁ。
そんな時は、シルバー人材センターに頼めばいい・・・ん?
そん時は自分もシルバーですね(^^ゞ

良く働いたシルバーウィークでした。
POI
[ 2015/09/24 06:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

蕎麦を食べに行った

昨日、自宅から徒歩10分くらいのところに約4年前に開店した蕎麦屋さんに昼食を食べに行ってきました。

この店が開店当時に訪問した知人から、
「あそこは洋風蕎麦屋で、ワインとかを飲みながら食事をする店だった」
と聞いていたので近くにありながら足が向いていませんでした。

で、今回お昼に初めて訪問。

で、どうだったか?
普通の蕎麦屋、というより丼物や唐揚げもある蕎麦屋で、洋風という感じではなかったです。
もしかしたら、夜には変わるのかなぁ?

注文したのは、
9月のおすすめ!! 初秋の味覚祭
大海老天丼セット
 
というもので、通常価格1,380円が1,000円(税別)なんです(^^)   

IMG_0656 (640x478)
大海老天丼セット

麺は、そばとうどんがそれぞれ温かいのか冷たいのを選べます。

ざるそばにしました。

IMG_0655 (478x640)

この店の蕎麦は石臼挽き蕎麦で熊本県山都町や阿蘇市、北海道や信州の玄そば使用しているそうです。
美味しい蕎麦でした。

天丼もとても美味しかったです。

IMG_0654 (478x640)
大海老天丼

大海老でした、ぷりぷりの身で衣もとても美味しかったです。
そして「つゆだく」でない。
これ僕にとっては大事で、ちょうどいい丼つゆで天ぷらとよく合うものでした。

この店では化学調味料や添加物は使用していないというだけあって、コクのある良い出汁で出来ていました。

4年間、訪問していなかったのが悔やまれます。
人の話をうのみにするのではなく、実際に行ってみるのが必要ですね。

美味しい食事の後は美味しいデザートということで、この蕎麦屋の近くにあるドーナツ屋さんでドーナツを買って帰り食べました(^^)

KIMG0361 (480x640)
シナモン

シルバーウィーク、いろんな観光地に行くのもいいけど、近所の美味しい店を食べ歩くのもいいですね。
今日でシルバーウィークも終わり、今日はどこで食い倒れしようかな(^^ゞ
POI
[ 2015/09/23 06:50 ] 食べ物 | TB(0) | CM(8)

TDLのお土産

先日、東京ディズニーランドのお土産に「塩あげせんべい」をいただきました。

IMG_0536 (480x640)

中を開けてみると、
ん?これってせんべい?

IMG_0537 (480x640)


なんとなくイメージとして「せんべい」は「草加せんべい」のように丸いイメージがあるから、このミッキーの形をしたのは「あられ」じゃないの?
って思ってしまいます。

で、調べたら、「せんべい」と「あられ」の違いは形ではなく材料で決まるようです。
「せんべい」はうるち米、「あられ」はもち米からできているそうです。

この塩あげせんべいの材料はうるち米なので、形はあられだけどせんべいなのですね。

と、ぐだぐだいっていたら、
そんなことはどうでもいいにゃん、美味しければ。
と、ボビーに睨まれました(^^ゞ

IMG_0635 (480x360)

ボビーも食べたかったのかなぁ?
ごめんなさい、ビールのつまみに食べてしまいました(^^ゞ
POI
[ 2015/09/22 06:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(12)

えびの高原

1934年、霧島国立公園として国内で最初の国立公園に指定され一部の「えびの高原」。
標高は1200mです。

IMG_8939 (640x427)

IMG_8943 (640x427)

この高原は、かつてはいたるところで火山ガスが噴出していて、そんな環境で生育できるススキが一帯を占めていました。
そのススキが火山ガスの影響で「えび色」に変わったことが、「えびの高原」の地名の由来だといわれています。

韓国岳の登山口としても人気があり、今月19日に訪問した時も沢山の登山者の車が停まっていました。

IMG_8941 (640x427)

「韓国岳」の「韓国」ですが、この山は古くは「虚国岳」とも書かれていて、日本書記の「空国(からくに)」から「虚国」、「韓国」へと変化したと考えられています。
また、一説には、山頂からの展望がいいので、遠く韓の国まで見渡せることが山名の由来というのもあります。

IMG_8942 (640x427)
ここから登っていきます

また、高原内には不動池、六観音御池、白紫池などの火山湖が点在していて、池巡りのハイキングもできます。

IMG_8937 (640x427)
不動池

不動池は、えびの高原内を走る県道沿いにあり、池めぐりコース内の火山湖の中でも最も小さな池で、直径210m、水深9mの池です。
池の水は酸性度が高く、光の乱反射によってこのようにいつも神秘的なコバルトブルーをしています。

登山をしてもよし、池巡りをしてもよし、四季折々の景色を見せてくれる雄大なえびの高原です。
今はシルバーウィーク、天気もいいので沢山の観光客が高原の秋を満喫するんでしょうね。
POI
[ 2015/09/21 06:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)
カウンター
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
フリーエリア