別府のシンボル

別府のシンボルといえば、やはり別府タワーです。

IMG_0348 (480x640)


高さは90mで東京タワーの3分の1にも満たない高さですが、完成は東京タワーよりも1年早い、昭和32年です。
なんと、国の登録有形文化財に登録されている、観光別府のシンボルなんです。

このタワーを設計したのは東京タワーを設計した「塔博士」と異名を持つ内藤多仲なんです。

内藤が設計した、東京タワー、さっぽろテレビ塔、通天閣、名古屋テレビ塔、博多ポートタワー、そして別府タワーを内藤多仲のタワー六兄弟と呼ばれています。

別府に沢山の観光客が訪れていた昭和30年代から40年代初頭には年間100万人もの来場があったそうです。
まさに別府のシンボルだったんですね。

ただそんなタワーも、1970年代頃から来場者も減り、1987年には収入源の広告ネオンの契約が打ち切られてしまい、解体される危機に見舞われました。
ちなみに1987年までの広告主は今のパナソニックです。
だから、広告ネオンには「ナショナル」と表示されていました。

1988年に、大分でパチンコ屋さんなどを展開するタイホーレジャーグループによって買収され解体を免れ、現在に至っています。

広告ネオンサインは現在「アサヒビール」ですが、これは4年前からでそれまでは「朝日ソーラー」でした。

IMG_0399 (480x640)


展望台からは360度の視界が広がり、鶴見岳や別府市街地、別府湾、天気がよければ遠く四国も望めます。

と書いていますが、実は行ったことがありません(^^;
営業時間は9:00から22:00までみたいなので、次回は酔った勢いで展望台に上がり別府の夜景を楽しみたいと思います(^^)
POI
スポンサーサイト
[ 2015/07/31 06:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

別府 壱丁目ラーメン

別府のラーメンといえば、「なべさんラーメン」が有名なんですが、実は別府市民だったのに一度も行ったことがないのです(^^;

そのかわりというかよく利用していたのが「壱丁目ラーメン」。

IMG_0387 (480x640)

ただ単に、飲み屋街の中心にあるから利用する頻度が多かっただけかもしれないですが・・・。

ここのラーメンの基本は久留米ラーメンで、もちろん豚骨です。
冒頭に書いた「なべさんラーメン」は初代は豚骨だったのだけど二代目からは鶏がらスープのあっさり系のスープになったとか。

いやいや、ラーメンはやっぱり豚骨でしょう(^^)

創業は昭和48年なので結構長く営業しているラーメン屋さんです。

IMG_0394 (640x478)

IMG_0396 (478x640)

長浜ラーメンのように「替え玉」はないので、たくさん食べたい人は最初から大盛りを頼んでくださいというスタンスです。
ただ、麺の固さは言えば調整してくれますが、長浜ラーメンのように「ハリガネ」の要求にこたえてくれるかどうかは不明です。

オーダーしたのは普通のラーメン。

IMG_0389 (480x640)

このちょうどいい厚さのチャーシューが豚骨スープに絡んで美味しいんです。
そして海苔が外せないんですよね豚骨ラーメンには。
が、これだけでは物足りません、テーブルにセットされているすりゴマと紅しょうがをトッピング。

IMG_0391 (480x640)

このすりゴマと紅しょうがを加えることで、豚骨ラーメンがさらに引き立つんです。

飲んだ後のラーメンは最高ですよね。
大満足でした。

ラーメンを食べて宿に戻るときに、赤い車でまわる懐かしい、ラーメン屋台です。
夜になるとチャルメラの音を流しながら住宅街などを移動していました。

IMG_0398 (480x640)

こういうラーメンも結構美味しいんですよね。
久しぶりに食べてみたかったなぁ。

次回別府に行ったときに見つけたら食べてみようと思います。

ラーメン、どうしてこんなに美味しいんでしょうね。
POI
[ 2015/07/30 06:40 ] 食べ物 | TB(0) | CM(8)

別府焼肉 一力

別府訪問の楽しみの一つは、焼肉です。
別府市内には沢山の焼き肉屋さんがありますが、僕はここが1番好きです。

それが、「焼肉 一力」

IMG_0350 (480x640)

昔、東亜国内航空 のスッチーもよく来ていました(^^;
(どこの航空会社やねん、って言われそうですが、まだ覚えていますよねこの会社)

ここでまず食べるのが、「塩タン」です。

IMG_0351 (478x640)

ちょっと普通の店の塩タンとは違います。
タレにつかっています、が、塩タンです、そしてとても美味しいんです。
そして、薄いです。
だから早く焼けます、が、薄いと文句を言う人もいるようです。
先日も、「うしいなぁ(薄いなぁ)」と言っている客がいました。

厚切りの塩タンを食べたいときは事前に連絡、数日前ですが、すれば厚切りを用意してくれます。

塩タンの次は、特上ロース。

IMG_0353 (478x640)

この店の肉は基本的に豊後牛です、そして肉のランクは「A5」の最高等級。
でもですね、ここのロース、他のブランド牛の「A5」のように口の中で溶けません。
きめの細かいサシが入っていて肉の味がしっかり味わえるロースなんです(^^)

そして、次に食べるのが、いつもオーダーするハツ(シンゾウ)です。

IMG_0354 (478x640)

なんともいえない食感、味、ここでしか食べられないものです。
ビールがドンドンすすみます(^^)

そして最後は特上ホルモン。

IMG_0352 (478x640)

脂部分が少なくしっかりした味で美味しいんですよ。

もう食べられなくなってしまったけど、ここのレバ刺しは最高でした。
まず色が違いました、新鮮な赤い色をしていて決して黒ずんでなかったです。
ここのような店の出し方をしていれば、レバ刺しやユッケとかは提供禁止にならなかったのに、残念です。

別府駅の近くにある一力、決して今風のおしゃれな焼肉屋ではないです。

そして炭火で焼くのでもありません。

IMG_0355 (478x640)

なんか昭和の焼肉屋って感じなんです。

いつも一人でカウンターに座り、店のおばちゃんと、
「なつかしいなぁ」
「いつも一人じゃねぇに、今日はどげぇしたん?」

とか正調別府弁で会話しながら、美味しい焼肉をいただきました。

「またくるけん」
POI
[ 2015/07/29 06:42 ] 食べ物 | TB(0) | CM(10)

久しぶりに賑やかな別府の夜・・かな?

先週の金曜日(24日)の夕方6時から、別府駅前道りは歩行者天国になるということで交通整理が行われていました。

IMG_0356 (480x640)

別府の夏を告げる「別府夏の宵まつり」の一部イベントとして、別府駅前通りで「夕涼みワイワイ市」を開催するための歩行者天国です。
実は10年前まで別府市民でしたが、こんな催しあったかなぁ?
以前は別府の夏といえば「別府 火の海まつり」だったんだけど、時代と共に内容なども変わってきたのでしょうね。

祭りといえば浴衣。

IMG_0388 (480x640)


浴衣を着た若い女性が祭り会場に向かっていました・・・たぶん。
なぜ、たぶんか? それはのちほど。

歩行者天国となった別府駅前通りは沢山の出店があり、多くの人で賑わっていました。

IMG_0377 (480x640)

正直に言って、別府駅前にこんなに沢山の人出があるのを初めてみました。
祭りですね~

しかし、祭り会場のある駅前通りから入ることができるアーケード街。
人が歩いていません。

IMG_0379 (480x640)

別府には2本のアーケード街があるのですが、両方とも人がいません。
普通、祭りとかで賑わっていると、一部の人たちがアーケードにも流れて行ってもいいと思うのですが・・・。
金曜日の夜、ハナキンなのに、この寂しさです。
これが湧出量日本一の温泉地の現状なんです。

そしてこちらは、アーケード街に直交するように通っている歓楽街。

IMG_0380 (480x640)

ま、時間も早いせいもありますが人はいません。
観光客も。
以前は旅館の浴衣を着た観光客が闊歩していたんですけどね。

以前は沢山の店は営業していたビルも空き室が目立ちます。

IMG_0382 (480x640)

で、前述の浴衣がけの女性・・・。
たぶん、祭り会場に行くのではなく、お店へ出勤の子ですね(^^ゞ
理由は、祭り会場と反対方向に歩いていたし、浴衣がけにしてはデカいバッグを持っているので(^^ゞ

祭り会場でビールとか飲んだ男性諸君はハナキンだし夜の町に消えていったのかなぁ?
POI
[ 2015/07/28 06:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)

別府駅でオペラ

先週末、熊本では手に入らない大分麦焼酎を買うために別府に行きました。

夕暮れの別府駅では別府の観光開発に尽力し、日本で初めてバスガイドを導入したアイデアマン、油屋熊八翁が出迎えてくれます。

IMG_0357 (480x640)

熊八は、富士山頂に、
「山は富士 海は瀬戸内 湯は別府」
という広告塔を立てたこともあるんです。

IMG_0360 (640x480)


この翁像を眺めていると、なにやら別府駅構内でなにかが行われているのに気づきました。
構内に入ってみると、歌声が・・。

無題

オペラです。

「ベップ・アート・マンス」という別府市民文化祭のプログラムの一つのようです。

IMG_0369 (480x640)

「オーソレミーヨ」や「カルメン」など親しみやすい曲目を選曲されて歌唱されていました。
別府駅構内に響き渡る素晴らしい歌声でした。

男性はバリトンの新見準平さん、女性はメゾソプラノの田島亜有美さん、そしてピアニストは鳥津絵美菜さんです。

このパフォーマンス中、教授風(と勝手に思っていました)の方がビデオ撮影を行っていたので、パフォーマンス後、「学生さんですか?」と女性歌手に聞いたら違っていました。
プロとして活動されているようです。

また、9月に同じ場所で開催されるということなので、焼酎が切れていたら別府を訪問してまた聴きたいと思います。

別府は、ピアニストのMaria Martha Argerichの名前を冠した「別府アルゲリッチ音楽祭」を毎年開催しています。
いまや音楽の町ですね。

そのうち、
「山は富士 海は瀬戸内 音楽は別府」
ってなるかも・・・・(^^ゞ
POI
[ 2015/07/27 06:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

夜明ダム

夜明ダムです。

IMG_8630 (640x427)


「筑後の暴れん坊」と呼ばれ何度も水害を起こした筑後川に設置されています。
とはいっても、防災のダムではなく、戦後の電力需要をまかなうために造られた発電ダムです。

昭和29年5月に完成して、総発電量は12,000kWです。

実は、ダム建設中の1953年(昭和28年)6月、「筑後の暴れん坊」が大暴れしました。
梅雨前線の影響で筑後川流域は500mm以上の集中豪雨が降り注ぎ、流域は大水害が起こったのです。
この時、建設中のダム地点は上流からの激しい濁流によって、ダムの両岸の部分から水が溢れ遂に決壊してしまいました。
ダム本体は全面決壊とは至らなかったのですが、設備の一部が破損したり流出したりしたそうです。
そういう災害を乗り越えて翌年に完成したダムです。

ダムを見学していると遠くから汽笛の音が聞こえてきました。

ダムのそばには久大線が通っています。
そしてダムのある区間を挟んでトンネルがあり、そのトンネルから音が伝わってきているようです。

IMG_8638 (427x640)


鉄子ではないのですが、せっかっくなのでカメラに収めようと待ち構えました。

来ました!

IMG_8631 (640x427)

ゆふいんの森号です。

カメラを連写設定にしていなかったからナイスショットが撮れませんでした(^^;

IMG_8632 (640x427)

IMG_8636 (640x427)

そしてすぐに反対側のトンネルに吸い込まれていきました。

IMG_8637 (640x427)

ところで「久大線」、これ「きゅうだいせん」って読みます。
「久」は久留米、「大」は大分のことです。久留米と大分を結ぶんですよね。

そして、大分から熊本を繋ぐJR線に「豊肥線」というのがあります。
こちらは「豊」が豊後(大分)、「肥」が肥後(熊本)なんです。

どうでもいい話ですが、JR線(旧国鉄)の路線名ってどういういきさつでつけたのかなぁ、と写真を撮りながら思いました。

なんか、夜明ダムとは関係ない記事になってしまったなぁ。
POI
[ 2015/07/26 06:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

夜明駅

「♪夜明けの停車場に~降る雨は冷たい♪」
なんて歌がありましたが、その歌には全く関係がない「夜明駅」です。

IMG_8612 (640x427)


この駅は、大分県日田市にあり、JR九州久大線にあります。また、日田彦山線も乗り入れています。

IMG_8623 (640x427)


以前からなぜかこの駅名が心に残っていて初めて訪問しました。
が、訪問が遅かったようで昔ながらの木造駅舎は解体されて、新しい駅舎に生まれ変わっていました。
それでもなんとなく田舎の一軒家のような雰囲気の駅舎です。


駅名は駅が開設された当時に存在した日田郡夜明村にちなみます。
「夜明」の地名は、この地が焼畑開墾地であることから最初は夜焼(よやけ)と付けられていたそうですが、「焼」の発音を嫌って夜開(よあけ)、夜明(よあけ)の順で改字されたようです。

駅舎横に夜明の鐘が設置されていました。

IMG_8613 (427x640)

IMG_8626 (640x427)

これは、昭和30年代まで地元の小学校で始業のチャイムとして使用されていたものを地域振興のシンボルとして夜明振興協議会が設置したもので、日田杉を使用し、大分県特産の「椎茸」をイメージしたデザインとなっています。

この夜明け駅のすぐ向かいが筑後川です。
また山間部に位置する地域のためトンネルが多い場所です。

IMG_8620 (427x640)
久留米方面に向かって

この先はトンネルです。

トンネルを抜けるとそこは夜明けだった、なんてことを言っていた記憶があります。
POI
[ 2015/07/25 06:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

小鹿田焼の里

大分県日田市の北部の山あいにあるのが、「小鹿田焼の里(おんたやきのさと)」です。

IMG_8602 (640x427)


「小鹿田焼」は、小鹿田の近くにある福岡県の小石原焼の陶工、柳瀬三右衛門と、彼を招いた黒木十兵衛によって始められたそうです。

IMG_8579 (640x427)


トビカンナ、刷毛目、櫛目などの小鹿田焼の技法には小石原焼と共通するものがあります。
ちなみに「トビカンナ」って難しいんですよね。
以前旅番組でナビゲーターが挑戦していましたが、全くダメでした。


小鹿田焼は、その陶芸技法が1995年(平成7年)に国の重要無形文化財に指定され、2008年3月には地区全体(約14ヘクタール)が「小鹿田焼の里」の名称で重要文化的景観として選定されました。

IMG_8607 (640x427)

ここの窯元は代々長子相続で技術を伝え、弟子を取らなかったため、開窯以来の伝統的な技法が受け継がれています。
これが重要無形文化財に指定された大きな理由となったそうです。

現在は10軒のうち5軒が共同窯で、5軒が個人窯として運営されているそうですが、それらは全て「小鹿田焼」という共有のブランドであり、個人の名前を器に入れることはありません。
作品に個人名を入れることを慎むなことで、小鹿田焼の品質やイメージを守る取り組みを行っているのです。

登り窯が集落にはいくつかあります。
「小鹿田焼」は、薪を使って登り窯で焼くという昔ながらの技法で焼かれているのです。

IMG_8600 (640x427)

窯元の庭では、沢山の器が並べられていました。
そして、ある窯元の塀には小鹿田焼が埋め込まれていました。

IMG_8580 (640x427)

IMG_8588 (640x427)


この小鹿田焼の里を訪れて車から降りると、「コン、コン、コン」と集落に音が響き渡っていました。
少し歩くとその音の出所が分かりました。

IMG_8583 (640x427)

唐臼(からうす)です。

集落を流れる川の水を利用し唐臼で土を砕いているのです。
この音は「日本の音風景100選」に選ばれるそうですが、静かな集落に響き渡るその音は、なんともいえない素晴らしいものです。

コン、コン、コンと音を聴きながら無形文化財の焼き物を見て歩くのもいいですね。
POI
[ 2015/07/24 06:25 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

黒川温泉 夢龍胆 食事

黒川温泉 夢龍胆の夕食です。
部屋食でした。

先付
先付

先付は、鯛の真子と紅東のレモン煮でした。

小鉢
小鉢

小鉢は、サーモンと茶蕎麦、塩トマトや黒皮茄子のサラダ。

前菜
前菜

前菜は、ローストビーフ、フォアグラのソテー、穴子養老流し、鮎のおいる蒸しなど。

吸い物
吸い物

海老つみれすまし仕立て、冬瓜、木の芽入り

お造り
お造り

熊本名産の馬刺し。
これを柚子胡椒をつけて食べたのだけど、とても美味しかったです。
あらためて馬刺しの美味しさを知りました。

蒸し物
蒸し物

だだちゃ饅頭の蒸し物です。
あっさりして美味しかった。

強肴
強肴

肥後赤牛の石焼でした。
ジュージュー音を立てながら、テープルの上に油が飛び散っていました。
さすが赤牛、口の中で溶けることまなくしっかりした味の肉で、とても美味しい一品でした。

酢の物
酢の物

ジュンサイです。くこの実とウニが添えられていました。

焼き物
焼き物

山女魚のの塩焼きです。
このくらい小ぶりだと頭から食べられるのだけどちょっと骨が硬く無理でした。
阿蘇の田楽村の囲炉裏で焼く山女魚は軟らかくて美味しいのを思い出しました。

お鍋
お鍋

小国黒豚のセイロ蒸しで、黒豚のロースとバラの2種類の肉が入っていました。
胡麻たれでいただきました。

デザート
デザート

デザートはマンゴープリンと西瓜とメロン。

実は南小国米あきげしきという銘柄のご飯があったのですが、さすがにお腹いっぱいで割愛しました。

食事後、お布団敷きの時に夜食として、焼きおにぎりを持ってきてくれました。

IMG_8555 (640x427)

温泉旅の楽しみは温泉もそうですが、やはり食事も楽しみの一つです。
今回宿泊した「夢龍胆」の夕食はとても美味しかったです。
もちろん朝食も。
そういえば朝食には牛乳が出てきました(^^)

この宿に限らず黒川温泉の各宿はそれぞれ宿の特徴ある料理を提供していると思います。
次回は違う旅館に泊まってみたいと思います。
POI
[ 2015/07/23 06:51 ] 温泉 | TB(0) | CM(12)

黒川温泉 夢龍胆 ①

黒川温泉の「夢龍胆」に、「くまもっと楽しむ券」を利用して宿泊しました。

夢龍胆と書いて「ゆめりんどう」と読むそうです。

IMG_8520 (640x427)

宿の場所は国道から黒川温泉中心部に入る入り口あたりにあります。
なので、温泉街中心部からは少しだけ離れています。

IMG_8563 (640x427)
玄関

IMG_8569 (640x427)
ロビー

全23室の宿で、今回宿泊した部屋は、「夢の舎(ゆめのや)」という和室10畳と掘りごたつがついた部屋でした。
夏場なので掘りごたつはいりませんけど・・・(^^ゞ

IMG_8524 (640x427)

IMG_8523 (640x427)
小さい掘りごたつ

黒川温泉の宿はほとんどが川沿いに建っていて、この宿も川の流れる音を聴きながら過ごすことができます。
が、梅雨時で雨量が多く、そのため川の流れる音も大きく、ちょっとうるさかったです(^^ゞ

IMG_8557 (640x427)

温泉はもちろん100%源泉かけ流し。
効能は、リウマチや糖尿病、皮膚掻痒症等に効くそうです、そして100%源泉かけ流しなので飲泉も可能。
気持ちのいい温泉でした。

内湯の洗い場が確か6人分くらいしかなかったから、団体で入るとちょっと辛いかな。
でも全23室、家族湯もあるから大丈夫でしょう。

そして、ここの温泉の、めだまは!

KIMG0286 (480x640)
混浴露天の文字が!

KIMG0287 (480x640)
この扉の向こうに


ま、そうなんですが、おじさんと兄ちゃんの混浴です(笑)

男湯の内湯の隣にある、龍胆の湯(りんどうのゆ)というのが一応混浴露天になっていて、女性用の脱衣場もあるのですが入っているのは男性のみです(笑)
女性用には女性専用の内湯と露天があるので、誰も入りません!

黒川温泉には何軒か混浴露天があるようですが同じような感じだと思います。
誰も入らないですよね(^^ゞ
温泉のあとは楽しい夕食、それはまた明日。
POI
[ 2015/07/22 06:44 ] 温泉 | TB(0) | CM(6)
カウンター
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア