エッフェル塔の日

今日、3月31日は「エッフェル塔の日」だそうです。

P1040133 (480x640)


1889年、日本では明治22年、エッフェル塔の落成式がこの日に行われたということで、「エッフェル塔の日」になったそうです。

この塔はパリのシャン・ド・マルスの広場に立っていて、建設当時の高さは312.3メートル、現在は放送用アンテナが設置されたために、324メートルとなっているそうです。

P1040136 (640x480)
シャン・ド・マルスの広場


エッフェル塔は、 フランス革命100周年を記念するとともに、パリで行われた第4回万国博覧会に合わせて建設された、なんていう説明は今さらですね(^^;。

このエッフェル塔建設は、計画が公表されるや否や塔の鉄骨剥き出しのデザインが、パリの落ち着いた景観を阻害するとして激しい反対運動が起こったのは有名な話です。
小説家モーパッサンをはじめとする芸術家や知識人の多くが連名で、建設反対の陳述書をパリ市役所に提出したそうです。

いろんな反対を受けながら、1889年3月31日、世界最大の鉄の塔はついに完成し、「エッフェル塔に登ろう」が人々の合言葉となり、大人気になったのです。
でも反対していたモーパッサンはエッフェル塔にあるレストランによく通っっていたそうです、理由は、
「ここがパリの中でエッフェル塔を見なくてすむ唯一の場所だから」
だったそうです(^^ゞ

「エッフェル塔にのぼろう」を合図に昇りたかったのですが、エレベーターは長蛇の列、かといって階段で上る元気はなく諦めまて、下から見上げるだけ・・・(^^;
下から見上げると、「鉄で出来た繊細なレースのよう」という表現が良く分かりました。

P1040135 (480x640)

実際に昇ってみたい。
なかなかパリには行けないなぁ。
また出張がないかなぁ
POI
スポンサーサイト
[ 2015/03/31 06:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

アワビの魔よけ

先週金曜日に山口県の青海島を訪問しました。
その青海島に「くじら資料館」があります。

くじらとは関係ないのですが、その資料館に「アワビの魔よけ」が展示されていました。

貝

文


説明文によればに、アワビ貝の真珠色に輝く光が魔を退散させる力があると考えられていたそうです。
だから、貝殻に、もし子供の名前が「太郎」や「花子」なら、
「太郎はいない」「花子はいない」
と書いて軒下につるすことで、子供を襲う流行病などの魔を家の入り口で退散させるおまじないにしたようです。

この風習は最近まで山口県内の、長門市や豊北町など日本海側の港町で残っていたそうです。

旅というのは景色や美味しいものを食べるのもいいけど、こういう地方の風習を学ぶのにもいいですね。
POI
[ 2015/03/30 06:10 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

3月29日

29日といえば、「肉の日」ですね。

一年間に12回もある肉の日、今夜は肉を食べる家庭が多いのでしょうか?

さて、今月3月29日はマリモの日でもあるそうで、昭和27(1952年)に、阿寒湖のマリモが国の特別天然記念物に指定されたことによって「マリモの日」になったそうです。

「マリモ」って「鞠藻」、なんですね。

その鞠をついて遊ぶには大きくなってしまっていた女の子の日でもあります。
それは、「八百屋 お七」

1683年のこの日に、八百屋の娘であったお七が、3日間の市中引回しの上、火あぶりの刑に処せられた日なんです。

何故そんなことになったかというと、町が大火事になった時にお七は、あるお寺に避難しました。
そして、そのとき、寺で出会った寺小姓の生田庄之介のことを好きになり家に戻っても忘れることが出来ません。
そこで、火事になればまた会えると考えて放火したのです。
火はすぐに消し止められましたが、お七はすぐに捕まってしまいました。

火付盗賊改方が裁いたのでしょうか?
当時は放火の罪は18歳以上は、火あぶりの極刑に処せられていました。
でも時の奉行は、お七の刑を軽くしてあげようと、「おぬしは17歳だろう」と問うたのですが、お七は奉行の気持ちが分からず、正直に18歳だと答えてしまったのです。
よって、極刑に処せられてしまったということです。

このことにより、お七が丙午[ひのえうま]の年の生まれであったことから、丙午生まれの女子が疎まれるようになったそうです。

火付盗賊改方といえば、鬼平、長谷川平蔵ですよね。
もし鬼平が奉行だったらお七は火あぶりの刑は免れたんじゃないかなぁ。

♪さくら さくら さよならあんた さくら さくら 花吹雪♪

夜桜とともにお七は還らぬ人になったんです。
今夜も夜桜見物が多いでしょうね。
POI

[ 2015/03/29 06:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

呼子大橋 ②

呼子大橋を渡ると、風の見える丘公園があります。

IMG_7451 (640x427)

IMG_7455 (640x427)

以前は喫茶室があったのになくなっていました。
お客さんが少なかったのかなぁ。
こういうのを見るたびに寂しくなります。

ここは、呼子で一番眺めのいい場所で、 北は玄界灘、南は呼子湾とそして眼下に呼子大橋が望めます。

IMG_7452 (640x427)


この風の見える丘のある加部島は甘夏柑が有名です。

お店に売っていたので買いました。
なんと一袋500円、20個は入っていたかなぁ。
最初、袋詰めのを買おうとしたら店のお姉さんが、
「お土産?」
って聞くから、
「いいえ、自宅用」
って言ったら、
「それだったらそれはもったいない。形のいいのをそろえているから」

ということで、形の悪いのをがんがんつめてくれました(^^♪

KIMG1438 (640x480)

KIMG1440 (640x480)

甘酸っぱくて美味しかったです。
POI
[ 2015/03/28 06:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

呼子大橋 ①

佐賀県の呼子にある「呼子大橋」です。

IMG_7435 (640x427)

IMG_7448 (640x427)


この橋は呼子と加部島をつなぐために平成元年に開通しました。
その全長は728mです。

橋の下には遊歩道が設けられていて、佐賀県の天然記念物の弁天島に渡ることができます。

IMG_7437 (640x427)

IMG_7438 (640x427)


この遊歩道は、呼子大橋の呼子側にある無料の弁天駐車場に車を停めて歩くことができます。
この日は風が強かったですが、程よい風の時は心地よい潮風で癒されると思います。

弁天島まではおよそ220m。
その弁天島は昔、豊臣秀吉が朝鮮出兵の折に船遊びをしたとして有名な島らしいです。
島には弁財天を祀った弁天神社があり鳥居が立っていました。

IMG_7443 (640x427)


この鳥居をくぐってちょっと上ったところに祠があるように見えたのですが、行けませんでした。
行けなかったのです。
何故か拒否されているような、そんな感じがして。

とか言ってますが、実は1人だったので怖かったのです(^^ゞ
POI
[ 2015/03/27 07:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

佐世保バーガー

先日、九十九島のことを記事にしましたが、その九十九島がある長崎県佐世保市といえば基地の町です。
米海軍の空母が入港する時とか大きなニュースになりますが、海上自衛隊の艦船も停泊していました。

IMG_7420 (640x427)
展海望展望所から見た佐世保港

でも佐世保はやはりなんといっても、「佐世保バーガー」です。
ということで、佐世保バーガーの認定店のひとつ「Bell Beach」のバーガーをいただきました(^ω^)

KIMG1426 (480x640)

普通のバーガーショップだと思っていたら、なんと店内はコンビニで、レジの横でハンバーガーを注文するようになってました。
コンビニ店内の窓側に数席のカウンター席と、テーブル席が2つあり店内で食べることが出来ます。

KIMG1423 (480x640)

沢山の種類のバーガーがあります。

KIMG1424 (480x640)
メニュー

ここはやはり、「SASEBO スペシャルバーガー」!

KIMG1420 (640x480)
セットメニュー 値段・・忘れました

ベーコンや卵やトマトなど沢山はさんであります。
バンズはそれらを挟み込むため若干大きめです(といっても基準はマックのバンズ)

KIMG1422 (640x480)

この記事を書きながら写真を見ただけでまた食べたくなります。
マックに比べたら割高だけど。佐世保バーガーは各店それぞれ特徴のある手作りのバーガーを提供してくれます。
また佐世保に行く機会があれば違う店でバーガーを食べてみようと思います。
ただ、多くの店が駐車場がないのが難点ですが。
POI
[ 2015/03/26 07:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

九十九島

長崎県佐世保市にある景勝地、九十九島(くじゅうくしま)です。

佐世保市といえばハウステンボスがあまりにも有名ですが、テーマパークではなく、こういう自然を観賞する旅もいいと思います。
九十九島は、長崎県西北部にある平戸島や五島列島を含む西海国立公園の一部です。

その九十九島を望める展望所が佐世保市内には何箇所かあり、それぞれの角度から違った島々の景色を楽しめます。

展望所のひとつ「船越展望所」からは九十九島に沈む夕日が見ることが出来るようです。
道路そばにあり便利ですが、車が4台くらいしか停められないため夕日見物の時には停められない可能性もあるかもしれません。

IMG_7428 (640x427)

大きな駐車場があり、眺望もいいのは「展海峰」の展望台です。

IMG_7424 (640x427)

案内板にある景色をここから望むことが出来ます。
「船越展望所」では見られない多くの島が眺望できます。

IMG_7410 (640x427)

この九十九島とは、佐世保港の外側から北へ25kmにわたり島々が点在する海域のことで、島の密度は日本一といわれています。
九十九島とは島が沢山あるという意味でつけられていますが、実際の島の数は208(諸説あり)だそうです。

島々を船上から楽しめる、九十九島パールシーリゾートが遊覧船を運航しています。

IMG_7423 (640x427)

約一時間の船旅で、日没にあわせたサンセットクルーズもあるようです。

今回は時間の都合で乗船しませんでしたが、これからの季節、青い空と碧い海そして緑の島々を巡るのにはいいと思うので、機会があれば再訪したいと思います。
POI
[ 2015/03/24 20:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

またまた おはぎ

まだ彼岸なのでまたまた「おはぎ」の記事。

我が家は夫婦で意思疎通が出来ていなくて、それぞれが昨日おはぎを買ってきました(^^ゞ
僕が買ったのは「香梅」のおはぎで、妻が買ってきたのが「くまもと菓房」のおはぎです。

ということで、6個入りの箱が二つで計12個、そして消費期限が1日(^^ゞ

食べたいという煩悩を捨てることが出来そうな量ですが、せっかくなので食べ比べてみました。

まずは、つぶあん。

KIMG1468 (640x480)
右が香梅のおはぎ

香梅のおはぎの方が少しつやがあります。
食べ比べると香梅の方が少し甘く感じました。
砂糖が多いからつやがあるのでしょうか?

つづいて、こしあんのおはぎ。

KIMG1469 (640x480)
右が香梅のおはぎ

今度は、くまもと菓房のおはぎの方がつやがあります。
そして、香梅の餡はくまもと菓房に比べるとザラつきがあるような舌触りでした。
こちらも香梅の方が甘めです。

そして、きな粉のおはぎ。

KIMG1467 (640x480)
右のおはぎが香梅

明らかにきな粉の色が違っていました。
香梅の方が濃いきな粉です、が、味の違いはよくわかりませんでした。
やはりこちらも香梅のほうが甘かったです。

どちらも甲乙つけがたい美味しいおはぎで、あとは個人の味覚によると思います。
僕は最初、香梅の方が美味しいと思ったけど、沢山食べていくと甘さ控えめのくまもと菓房のほうが美味しいと思いました。

ところで、香梅は、「お菓子は平和の使者」という精神を引き継ぎ、今それを、「くるろぎのごちそう」として熊本県民にお菓子を届けてくれています。
また、くまもと菓房は、熊本より~夢のあるお菓子を~届けるという理念でこちらも多くの熊本県民に愛されるお菓子を届けてくれています。

熊本を代表するお菓子メーカーとしてこれからも美味しいお菓子を届けてほしいと思います。
POI
[ 2015/03/22 19:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)

お彼岸といえば「おはぎ」

今日3月21日は彼岸の中日ですね。


江戸時代、小豆の赤色が邪気を払い災難から身を守る効果があると広く庶民に信じられていて、これが先祖供養に結びつき、おはぎやぼたもちを先祖に供えて食べる習慣ができたそうです。

ということで邪気を払うためにおはぎを買ってきました(^^)

KIMG1463 (640x480)

熊本では知らない人はいない、くつろぎのごちそう お菓子の香梅のおはぎです。

KIMG1464 (640x480)

こしあん、つぶあん、きなこと3拍子そろったおはぎです。

KIMG1465 (640x480)
6個入り 720円(税込)

香梅のおはぎは、東の空が明るくなるころに仕上がる出来立てのおはぎで、賞味期限は1日。
明日からはもう販売されないから今日がラストチャンス、慌てて買いに行きました(^^)

ところで、彼岸とは到被岸(とうひがん)を略したものです。
その到被岸は「煩悩に満ちた世界から解脱した悟りの世界」という意味をもっていて、煩悩に満ちた世界は此岸(しがん)といって、私たちが生活している現実の世界を表し、解脱した悟りの世界が、仏の世界である極楽浄土が彼岸(ひがん)をあらわしています。

修行を積み悟りの境地に達することで、煩悩に苦しむ現実世界の此岸から仏の世界の彼岸に渡る事が出来るそうですが、おはぎを食べたいという煩悩を捨てたら極楽浄土に行けるのかなぁ(^^ゞ

でも、煩悩を捨てることはできないのでいただきました(^^)

KIMG1466 (640x480)


おはぎは元々厄除けとして広まったお菓子だから煩悩というよりお守りですよね。と勝手に解釈(笑)

くつろぎのごちそう、美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。
POI
[ 2015/03/21 21:07 ] 食べ物 | TB(0) | CM(2)

かつ善のとんかつ

自宅から車で20分くらいのところにある「かつ善」というお店です。

KIMG1330 (480x640)

この店の面白いところがトンカツのメニューにあります。
トンカツの量が、格闘技の階級で表示されているのです(^^ゞ

KIMG1328 (640x480)KIMG1329 (640x480)

おもしろいでしょう(^ω^)
そして今回オーダーしたのは「ミドル級」のヒレカツ定食です。

KIMG1434 (640x480)

前回、ヘビー級を食べたのですが、お腹がパンパンになってしまいました。
その理由にはわけがあります。
もちろんカツの分量もあるのですが、実はトンカツの横に何かあるでしょ。
そうです!
食パンです!

KIMG1433 (480x640)

この食パンは、どの定食にもついていて、お好みでカツサンドにして食べましょうということみたい。

KIMG1435 (480x640)

お腹いっぱいになるから食べなければいいのですが、「残すとバチがあたる」と教えられてきたので食パンも完食です(^^ゞ

さらに、多くのトンカツ屋さんがそうであるように、ご飯はお代わり自由(でも最初から大盛りなので出来ません(^^ゞ)
味噌汁もお代わりできるし、この店はキャベツだけでなくサラダバーになっていて、それも自由。
さらにさらに、デザート2皿まで自由(食べたことがないけど)

なにせ、お腹いっぱいになるお店なんです。
10代、20代の頃だったらスパーヘビー級で、ご飯もお代わりして、デザートも食べただろうなぁ(笑)

「スーパーヘビー級」とか「ウルトラヘビー級」とか肉の重さが書いていないから食べるのが怖いです。

さらにこの店は、お勘定のときに必ず有効期限のない「200円」の割引券がもらえます。
だからまた行ってしまうのです。

次は「スーパーヘビー」、いやいや、やはり「ミドル級」にしときます(笑)
POI
[ 2015/03/20 20:37 ] 食べ物 | TB(0) | CM(4)