くまもと県民百貨店

来月末に閉店が決まっている、「くまもと県民百貨店」に行きました。
閉店セールが行われていていることもあり、訪れているお客さんは多かったです。

KIMG1338 (640x480)

黒字経営なのですが、百貨店がある地域の再開発で立ち退きをしなければいけなくなり、代替地もなかったため、やむなく閉店となってしまうそうです。

岩田屋  伊勢丹 熊本岩田屋  くまもと阪神 県民百貨店と名前は変わりながら長い歴史のある百貨店ですが、あと一月でなくなってしまうのは寂しいものです。

その、くまもと県民百貨店の最上階に中華料理の店、「中華園」があります。
ここは熊本名物「太平燕(タイピーエン)」の元祖だといわれています。
そのため百貨店がなくなる前に一度食べてみようと訪れました。

KIMG1334 (640x480)

KIMG1333 (640x480)
メニュー

店には入れましたが、同時に多くの来客があったので調理に時間がかかるといわれ、断念しました。
閉店まで一か月、再訪したいと思います。

ということで、この中華園の真向かいにある「そばどころ信州」でお昼を食べました。
食べたのは「天重とそばのセット」

KIMG1337 (640x480)

KIMG1335 (640x480)

天重は「つゆだく」ではなく、とても美味しいものでした。
蕎麦も美味しかったです。
この店は、百貨店がなくなった後は山鹿のほうに新しく店を移転して営業をするそうで、山鹿といえば温泉の町です。
温泉に入るついでに新しい店に行ってみようと思います。

これまで、県民百貨店には何度も来ているのですが今回初めて食事をしましたが、「そばどころ信州」がとても美味しかった尾で、中華園やお蕎麦屋さん、もっと早く味わっていればよかったなぁと思いました。

閉店まで1ヶ月、百貨店の販売員もレストランの従業員も皆明るい笑顔で接客をしていました。

「つかれないデパート」のキャッチコピーがあった本当に疲れない「くまもと県民百貨店」。
本当に閉店してしまうのが残念でなりません。
POI
スポンサーサイト
[ 2015/01/31 20:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

公衆電話の料金

徳永英明の歌の「レニーブルー」の歌詞で、
♪電話ボックスの外は雨  掛けなれたダイヤル回しかけて ふと指を止める~♪

というのがありますが、最近は電話ボックス(公衆電話)って見かけないですよね。
携帯電話が普及したからなのでしょうけど。

今日1月30日は、今から45年前の今日から公衆電話の通話料金が3分10円(市内通話)になった日だそうです。
それまでは、10円でいつまでも話せたらしい。

そういう話を聞いて調べたら、現在10円で通話できる時間は、
市内通話 57.5秒、距離が20~30km 27秒、160km以上では8秒だそうです。(昼間料金)

熊本から直線距離で160km以上ってどのあたりなんだろう?
広島?
そうだとして100円で80秒しか話せないですよね。

今は携帯電話の時代ですが、携帯電話の通話料はプランによっても違いますが、だいたい30秒で20円。
これだと長距離電話は携帯電話の方が公衆電話より安いとおうことになります。

最近は携帯電話の普及で公衆電話が少なくなりましたが、災害時などは公衆電話の方がつながりやすいと思います。
公衆電話からの長距離電話で、10円玉をたくさん持って、カチャンカチャンとリズミカルに落ちていく10円玉を入れながら会話をする、昭和のノスタルジーがなくなっていくようで寂しいなと思いながら、レニーブルーを口ずさんでいます。
POI
[ 2015/01/30 20:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

飯塚名物 味覚焼き

もうずいぶん前になるけど、福岡県の飯塚市を訪れた時に「味覚焼」に行きました。

KIMG0844 (480x640)

食堂なんですが、メニューは「味覚焼」がメインで店名も「味覚焼」。
これって、「お好み焼き」っていう名の店が「お好み焼き」を売っているようなものですね(^^ゞ
味覚焼き以外はトコロ天があるのみです。

KIMG0846 (480x640)


店に入ると、いきなり、
「何個にしましょう?」
って聞かれるんです。
メニューにあるように10個か15個しかないのです。

訪問したのは土曜日のお昼時でしたが、
「10分くらい待ってもらうけど いい?」
っていわれました。
そして待っている間も絶え間なく、お客さんが来て、「15個を3つ」とか、「15個を5つ」とか注文します。
そうこうしているうちに、新規来店客の待ち時間は30分くらいになってました。

さてその飯塚名物「味覚焼」
こんなんです。

KIMG0847 (480x640)
タコ焼きのようでタコ焼きではない
KIMG0850 (640x480)


生地に入るのは天玉とネギのみ。魚粉がかかっていて健康によさそうです。
たこ焼のように見えて、タコは入っていません、なぜなら小さい子供やお年よりも食べられるようにとのことです。

秘伝のタレで味付けされている生地なのでとても美味しく、シンプルな食べ物でした。
まさに飯塚のソウルフードです。

飯塚の子供たちはマック等のファストフードに通わず、この味覚焼きで元気に育ったのかなぁ?
そして味覚が発達して料理が上手な大人に成長したのかなぁ。
なんて想像しながらいただきました。

昭和のノスタルジーが漂う味覚焼、また訪れてみたいと思います。
ところでどうして「味覚」なんだろう?
POI
[ 2015/01/29 20:31 ] 食べ物 | TB(0) | CM(2)

もうオレンジの服は見たくない

今日、1月28日21時現在、情報は錯綜しているけど、イスラム国の事件はどうなるんだろう?

拘束されている日本人とヨルダンのパイロットのために、サジダ・リシャウィ死刑囚を釈放するという話もすすんでいるようだけど。
もしこの交渉が進めば、2人の命は救われる。
でも、サジダ死刑囚がまた自爆テロを起こせばその何倍もの死者が出てしまう。

そう考えると・・

ただ、拘束されているのが自分の家族ならそんな考えは浮かばないだろうなぁ。

いずれにしても、拘束された人が無事に解放されることを願います。

宗教のない世界は平和な世界なんだろうなぁと思います。
POI
[ 2015/01/28 21:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

かも吸いが有名だったけど・・

先日、別府で宿泊した時に「かも吸い」が有名な店に行きました。

僕が別府に住んでいるときから営業している店で、有名店です。
看板料理の「かも吸い」は、地方発送もしているそうです。

KIMG1282 (480x640)
店名ははっきりわからないように(^^ゞ

画像にはないのですが、牛筋の酢和えってのが美味しかったです。
「だいだい」を搾った酢だから、市販の酢を使ったような味ではなく、食べ終わった後は酢を飲み干せました。
本当においしかったです。

なんだけど、「いか天」を食べたかったので注文したら、
「まだ時間が早いから揚げ物はできない」
って。
「皆、お客さんは7時過ぎ位にならんと注文せんのやわぁ」
と、わけのわからんことを言われた(^^ゞ

たぶん僕が飲み物を「いいちこ」と観光客が飲む全国的有名焼酎を頼んだからかなぁ(^^ゞ
でもここは、いつも飲む大分麦焼酎の「とっぱい」を置いてなかったから。

僕よりちょっと遅れて入店した常連らしきグループは「豚天」をオーダーしていたのです・・・。

ま、別府に住んでいたとはいえ観光客には間違いないので、観光客らしくこの店自慢の「かも吸い」を注文しました。

KIMG1275 (480x640)
かも吸い

鴨肉の塊や、骨付き肉がゴロゴロ入ってます。
具を食べる前にスープを一口。
ん?辛い、それも胡椒辛い、飲んで・・・絶句・
胡椒辛いんです。
「かも吸い」というより、黒こしょうスープ?みたいな(^^ゞ

てっきり、かも吸いと一緒に香りのいい柚子胡椒が出てくると思っていたけど、まさかの胡椒味でした。

店の人は日本人のおばちゃんと調理人は全て外国人アルバイトみたいでした?
たぶんAPU国際大学の留学生?

食べログとかでも紹介されている店なので観光客が多く訪れると思うけど、たぶん、
「ん?これが有名な?」
って思うかもしれません。

もしかしたら、僕が注文したものだけ間違って胡椒をたくさん入れちゃったのかもね。

別府の街の発展を応援しているので、この店にはいい仕事をして長く続いてほしいなぁと思います。
POI

[ 2015/01/27 20:42 ] 大分 | TB(0) | CM(0)

別府の日曜日の夜

金曜日から一人旅をやっていて、昨夜は別府に宿泊しました。

別府には大型温泉ホテルが何軒かありますが、そういう宿は以前から大陸からのお客様が多く、また最近は円安でさらに多くなったようなので、そういう宿には泊まらず、別府タワーの近くにあるホテルに宿泊しました。

べっぷ4
別府タワー 右に見えるのがホテル

チェックインのあと、食事をするために別府の街へ。
まずは駅前通を別府駅まで歩きました。ホテルから徒歩で10分もかかりません。

べっぷ5
別府駅

別府駅東口では、油屋熊八の像が観光客を迎えてくれます。
ただ、最近別府では観光客より別府在住の外国人の方が多いような気がします。
昨夜も別府駅へ向う途中で20人くらいの外国人に出会いました。
これは、別府に国際大学APUがあるのが関係しているのでしょうね。

別府に宿泊した時は、別府で有名な「一力」という焼肉屋さんに行くのですが、今回は別の店へ。
その記事はまた後日に。

店に向うのに別府のアーケード街を歩きます。
まだ18時前ですが、誰も歩いていません(^^ゞ
市民は夕飯の準備に忙しく、観光客も旅館やホテルで温泉に入っているから・・・ということにしておきます(^^ゞ。

べっぷ1
アーケード街

食事が終わって駅前通を歩いてホテルへ。
なんか街路樹のイルミネーションが寂しく輝いているように思います。

べっぷ2


もっと別府を活性化しようと、いろいろ対策はしているようです。
しかし、別府に来る観光客は大陸からの方達が大半で、そして彼らが用事があるのはドラッグストアーやデパート。
商店街にはなかなか流れてこないようです。

アーケード街は多くの店が閉店したあとに、新しい店もオープンしています。
そんな中、長く続いている店もあります。
その一つが、「ジェノバ」、アイスクリーム屋さんです。

べっぷ3


僕が別府に住んでいたときからあり、頑張っていると思います。
が、自動ドアが故障したのか、手書きで、
「ドアは手動です」
と書かれていました。

こういうことの一つ一つが、お客さんが遠ざかっていく要因の一つじゃないかなぁと思いました。
POI

[ 2015/01/26 07:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

今日は左遷の日だそうです

左遷って嫌な言葉ですが、今日は左遷の日だそうです。

なぜかというと901年のこの日に、学問の神様といわれる菅原道真が醍醐天皇によって九州の大宰府に左遷されたからです。

今の時代、福岡は左遷じゃないような・・・
皆、大喜びで赴任しますよねきっと(^^)

菅原道真が筑後に流される時に、
「東風吹かば匂ひ送来せよ梅の花、 主無しとて春を忘るな」
と詠んだ歌は有名ですよね。

これは道真の家の庭にあった梅を見て詠んだ歌ですが、道真が大宰府に左遷された後、その梅は太宰府まで飛んで行ってそこに根づいたといわれる、「太宰府の飛梅」伝説があります。
だから大宰府といえば梅、梅といえば「梅ケ枝餅」(^^)

受験シーズン、大宰府にはたくさんの受験生がお参りしていますが、梅ケ枝餅を夜食に受験勉強を頑張ってほしいと思います。

もうすぐ梅が咲き始めるシーズンですが、受験生には梅よりも早く桜が咲くことを祈ってます。

がんばれ受験生!
POI
[ 2015/01/25 06:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

阿蘇の米塚

阿蘇中岳の噴煙が見える駐車場の道路を渡って反対側を見ると、「米塚」が見えます。

IMG_7002 (640x427)
駐車場からの米塚

霞んでよく見えませんが、米塚の向こうには阿蘇外輪山が見えます。

どうして「米塚」?

この阿蘇を開拓したのは健磐龍命(たけいわたつのみこと)です。
その神様が、領民に稲作を教え、できた米を積み上げてできたのが「米塚」です。
そして米塚の上にある凹みは、神様が米をすくい取り、困っている人々に与えたからできたそうです。

このように阿蘇地方では、健磐龍命にまつわる神話や伝説が数多く残っています。
 
その米塚は近くで見ることができます。

IMG_7009 (640x427)

IMG_7008 (640x427)


均整の取れたきれいな山です。
稜線にはまっすぐ傷らしきものがありますが、これは放牧していた牛馬が逃げ出さないように作られた土塁(どるい)と呼ばれる土手だそうです。

標高は954mですが、この米塚の底辺から頂上までは80メートル。
実は米塚もれっきとした火山のひとつで、阿蘇の中では一番新しい火山だそうです。
いつかまた噴火するのかなぁ?
いつまでもこのきれいな形を保ってもらいたいなぁと思います。

米塚が緑一色に染まる初夏のころ、また訪れたいと思います。
POI
[ 2015/01/24 07:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

阿蘇はいつまで噴火が続くのかなぁ

昨年から続いている阿蘇の噴火。
先日も、噴煙が火口上空800mまで達し、自宅からも大きな噴煙を確認できました。

先々週の3連休、阿蘇中岳が見える場所(草千里の上にある展望所)まで行って噴煙を見てきました。

IMG_6997 (640x427)

この時は大きな爆発はなかったですが、時折噴煙が息を吐くように、「ボっ」っと上がっていました。
噴火の影響なのか、天気がよい、そして3連休だったのに、観光客はまばらです。
草千里の駐車場もガラガラでした。

IMG_6998 (640x427)

まだまだ火山警戒レベルが2のままで、火口周辺には近づけません。
警戒レベルが下がれば、下の写真の噴煙の右の方向にある建物近くにある駐車場まで車で行けます。
そして火口を覗くことができるのですが、そうできるまではまだまだ時間がかかりそうです。

IMG_6995 (640x427)

鹿児島の桜島は爆発的噴火もあり、空震が宮崎まで届いているそうです。
それに比べると阿蘇の噴火は小さいものだけど、油断は禁物。
自然がなすことに対して人間はあまりのも無力です。
大分の九重山も火山性微動があるとか、登山するときは最大の注意が必要だと思います。
POI
[ 2015/01/23 06:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

山荘 無量塔でPロール

湯布院を訪れると必ず立ち寄るのが「由布院御三家」の喫茶室です。
3連休のときに大分から熊本に帰る途中で湯布院に立ち寄り、山荘無量塔にある「Tan's Bar」に行きました。

IMG_6986 (640x427)
無量塔の入り口

冬期(晩秋から早春)の間、寒い日は暖炉に火が入り、その暖炉の前にある席が特等席なのです。
暖炉の上には大きなスピーカーがあり、ここから聴こえる音がまたいいんですよね。

KIMG0553 (480x640)
暖炉とスピーカー(昨年冬の写真)

残念ながら、連休ということもあり店内は満席で、この特等席に座ることができませんでした。
案内されたのは、暖炉の奥にあるテーブル。
ここからは庭が見えて、新緑の季節はとても感じのいい眺めになります。
天候がよく、暖かい日なら、この窓の外でもコーヒーがいただけます。

IMG_6983 (640x427)

そして、ここにきたら必ずいただくのが、「Pロールのセット」。

IMG_6984 (640x427)
Pロールとコーヒーのセット

以前は、この「プレーン」のロールケーキしか出していなかったのですが、最近はチョコのロールケーキも提供してくれています。

B-speakで買って自宅で食べてもいいのですが、やはりここで食べるPロールは最高においしいです(^ν^)

ただ、オヤジ一人がコーヒーだけならまだいいけど、Pロールセットをだらしない顔をして食べるのも、なんだかなぁ、とは思います(^^ゞ
が、また湯布院に行ったときは食べると思います。
POI
[ 2015/01/22 06:48 ] 湯布院 食事 | TB(0) | CM(2)
カウンター
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア