長崎県平戸

昨日、映画「あなたへ」を記事にしたので、今日は平戸のことについて少し。

平戸は長崎県の北西に位置していて、歴史とロマンがあふれる城下町です。
そして西洋との貿易港としてイギリスやオランダとの交流がここから始まりました。

平戸城は、平戸藩主松浦(まつら)氏の居城で、別名亀岡城とも呼ばれます。
現在の各櫓は昭和37年に平戸市が復元したものです。

IMG_2340 (640x427)
平戸城


この平戸城は平戸オランダ商館のある場所から撮影しました。
その現在あるオランダ商館は2011年に当時の「オランダ商館倉庫」を復元したものです。

平戸オランダ商館 (640x427)
オランダ商館(オランダ商館倉庫)


オランダ商館は、1609年に江戸幕府から貿易を許可された東インド会社が平戸に設置し、東アジアにおける貿易拠点でした。
そして1639年に新しく倉庫が完成するのですが1640年、倉庫にキリスト生誕にちなむ西暦の年号が示されているとして、全ての建物の破壊を幕府から命じられました。
その後、商館は長崎出島へ移転し平戸の貿易は衰退していきます。

平戸にはフランシスコ・ザビエルが3度も訪問しています。
そのザビエルの名前がついた教会が「聖フランシスコ・ザビエル記念聖堂」です。

IMG_2366 (427x640)

この教会は1931年4月に建てられ、それから40年後の1971年に、フランシスコ・ザビエルの像が聖堂の脇に建立されました。
このことから「聖フランシスコ・ザビエル記念聖堂」と呼ばれるようになったそうです。

西洋文化の橋渡しとなった平戸。
教会やオランダ商館、そして平戸城など歴史を物語る建物や史跡を見て、平戸の歴史とロマンを感じてみてはどうでしょうか?
POI
スポンサーサイト
[ 2014/09/30 06:54 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

映画「あなたへ」の舞台

昨夜、日曜洋画劇場で「あなたへ」が放映されました。

この映画はは2年前に公開され、その舞台となったのが長崎県の平戸です。

平戸あなたへ (640x427) (640x427)


舞台となった平戸の薄香地区は、平戸中心部からおよそ車で5分ほどにある港町です。
のどかな昔からの漁村風景がひろがります。

IMG_2346 (640x427)

IMG_2347 (640x427)

そして、どことなく昭和の香りがする町並みが残っています。

IMG_2348 (640x427)
写真館がある道

この道を高倉健が歩いていき、左にある富永写真館のガラスケースにある写真に見入るのです。
ここはとても感動的なシーンでした。

IMG_2349 (640x427)

IMG_2351 (640x427)

劇中高倉健が食事をし、台風の夜に泊まらせてもらった濱崎食堂もあります。

IMG_2355 (640x427)

IMG_2361 (640x427)
メニューケース

この濱崎食堂は、薄香の民家の協力を得て外観のみ食堂にしたそうです。
そして、濱崎食堂の中の場面の撮影は東京で行われたということです。

ここを訪れたのは、映画が公開された年だったのですが観光客はまばらでした。
平戸の町では公営駐車場が満杯になるくらいだったのに。
同じ、「あなたへ」の場面で出てきた、「天空の城 竹田城」の方はたくさんの観光客で賑っているのに比べると寂しさがあります。

でも、この静かな港町で潮の香りをかぎながら、のんびりした時間を過ごすには観光客が少ない方がいいかもしれないです。
もう一度訪れたいなぁと思いました。
POI
[ 2014/09/29 07:05 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

オクラはもう終わりかな

オクラの花がまだ咲いているけど、以前と違う。
元気がない。

KIMG0610 (640x480)
元気がいいとき
KIMG0644 (640x480)
今朝の花

苗の時に虫にやられ、成長したら葉巻虫にやられ、頑張ってきたのだけど、そろそろ引退なのかなぁ。

先日とれた実は真っ直ぐだったけど、今朝見たのは曲がっていました。

KIMG0629 (640x480)
元気がいいとき
KIMG0645 (640x480)
元気がない


実が曲がるときはだいたい虫がついているときが多いのです。
最近老眼で(^^ゞ、虫をなかなか見つけられないのだけど、今朝は簡単に見つけられました。
なぜかというと、オクラの葉を食べすぎて太って大きくなっていたから(>_<)

KIMG0646 (640x480)


虫には罪はないのだけど、罪のないオクラをいじめているので、退治しました。

今年は日照不足で野菜の育ちが悪く、育ちが悪いということは元気がないということで虫がつきやすかったと思います。
来年は元気に育つことを願います。
そして、僕はとても元気なので悪い虫はつきません。
なんのこっちゃ(^^ゞ
POI
[ 2014/09/28 07:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

岩国の白ヘビ

岩国の天然記念物「シロヘビ」です。

IMG_5560 (640x427)
IMG_5564 (640x427)

なぜ白いのか?
説明看板がありました。

IMG_5563 (640x427)


岩国のシロヘビは、岩国市の限られた地域にだけ生息している世界的にも珍しいヘビで、体長180cm、胴回り15cm余りのアオダイショウの白化個体である種で目はルビーのように赤く、白磁のように光沢のある姿をしています。
性格はおとなしく人に危害を加えることはないそうです。

今回見学したシロヘビは保護されているものですが、稀に野生のシロヘビを倉庫や石垣などで目撃されることもあるそうです。
最近は生息地域の都市化が進み、エサとなるネズミ等が減少するなどの環境変化により、野生のシロヘビ生息数は減少しているようです。

岩国市では、官民一体となってシロヘビの保護に努めていて飼育施設で繁殖を行い、野生のものは勝手に捕獲することは禁止されています。

IMG_5562 (640x427)


このシロヘビは、岩国城へ上るロープウェイのすぐ近くにあった白蛇横山観覧所で見学しました。
見学料は志として100円程度。
見学時間は9時から17時までです。

この神秘的なシロヘビは、古くから弁天様のお使い、商売繁盛、開運の守り神など有益で幸運を呼ぶ家の守り神として大切に保護しされ、地元の人達からあがめられていて、大切にされています。
今回、このシロヘビに出会うことができたので何かいいことがあるかな?
POI
[ 2014/09/27 07:04 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

岩国城

岩国城は、毛利家の家臣の吉川広家によって1608年に標高約200メートルの横山の山頂に作られた山城です。
(現在はロープウェイで登ることができます)

IMG_5515 (640x427)

IMG_5532 (640x427)

岩国は本藩である毛利家の長州藩から支藩と認められなかったため、独立した藩ではありませんでした。
そのため、徳川幕府の一国一城制により築城後わずか8年で取り壊されててしまいます。
現在の天守は、昭和37年に再建されたもので、実際にあった場所から数十メートル移動した位置に建てられています。

元の場所には当時の石積み技術のままで石垣が修復されています。

IMG_5544 (640x427)

IMG_5542 (640x427)

昭和37年、この城を再建するときに錦帯橋がよく見えるようにと元の場所から移動して建てたそうです。
これは、天守で掃除をしていたおばさんに教えてもらいました。
このとき教えてもらっていなければ、もとあった石垣も気づかずに下山していたかもしてません。

IMG_5535 (640x427)
天守からの眺め


天守からの眺めはとてもいいです。
空気が澄んだ季節なら遠く四国まで見ることが出来ると思います。
でも、吉川広家はどうして錦帯橋が見えるこの位置に最初から築城しなかったのかな?
あ、その時はまだ錦帯橋はできていなかったですね(^^ゞ

広家は山陽道を監視するためにここに城を建てたそうです。
錦帯橋が架かる横川が自然の堀の役目をして防御になります。
その横川から城のある山を挟んで反対側には山陽道がありました。
山陽道から敵が攻めてくるのを監視するために城の位置を決めたそうです。

と、これも掃除のおばさんが教えてくれました。
岩国の人は親切ですね~
ありがとう。
おいでませ、岩国へ、です。
POI
[ 2014/09/26 06:48 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

錦帯橋

山口県岩国市にある、錦帯橋(きんたいきょう)は、日本を代表する木造橋で日本三名橋のひとつです。
その全長は193.3m、幅員は5.0mです。
この橋は1922年 (大正11年) には国の名勝に指定されています。

IMG_5500 (640x427)
錦帯橋
山に小さく岩国城


またこの橋の架かる「錦川」は清流で 鵜飼が行われており、その歴史は380年もあるといわれているそうです。
ただ、今年はその鵜飼が8月から中止されました。
それは、7月30日夜、鵜飼見物の遊覧船に鵜舟が衝突し、かがり火で乗客の親子が大やけどを負ったという事故があったからです。
安全対策を望みたいです。

IMG_5505 (640x427)
錦川
IMG_5507 (640x427)
鵜飼音頭


錦帯橋は、1673年に創建されましたが、1950年の台風で流失してしまいました。
270年以上持ちこたえたのに流失した原因は、流出する前年に、岩国にある米軍飛行場建設のために錦帯橋付近の川底の砂利を取りすぎたからともいわれています。
自然を破壊するとしっぺ返しが来ますね。

そして橋は1953年に再建され、2004年に平成の架け替えを行った1年半後、また台風により一部が流失しました。
橋については、創建時から現代までの修復記録が、藩政の史料などでほぼ完全に残っていたため、それを元に再建できたようです。

5連橋の錦帯橋ですが、川面に写るのは今回は3連のみでした。
でも美しいです。

IMG_5509 (640x427)


夏は清流、秋は紅葉、冬は雪景色、そして春は桜。
四季折々に姿を変える錦帯橋は、江戸時代から皆に親しまれていた橋だと思います。
POI
[ 2014/09/24 06:41 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

今日は秋分の日

今日は秋分の日で「彼岸の中日」ですが、太陽が真東から昇り真西に沈みます。
あいにく熊本は天気が悪く日の出も日の入りの見ることは出来ませんが。

仏教では、極楽浄土がはるか西にあると考えられたことから、この真西に沈む太陽を礼拝したのが「彼岸」の始まりだそうです。

古来から、各地に太陽信仰がありました。

日本では、天照大神が昇る太陽の象徴である太陽神でこの世を治めています。
そして、その天照大神に殺されたといわれる大国主命は、太陽の沈む日本海側にある出雲大社に鎮座しています。
その 出雲大社の社殿は南向きであるのに対して、御神座は西向きです。
これは仏教で極楽浄土が西にあると考えられたのと同じように、古代より、西の彼方には
「常世(とこよ)の国(霊魂が鎮まるところ)」
があると信じられていたそうで、大国主命は太陽が沈む方向(あの世)を治める神様になったのです。

と、いろいろあの世とかこの世とか考えるよりもお彼岸なので、やはり、おはぎを腹いっぱい食べたいです(^^ゞ
ということで、昨夜おはぎをいただきました(^^)

KIMG0637 (480x640)
熊本の香梅のおはぎ

KIMG0640 (640x480)
こし餡、きな粉、つぶ餡

3拍子揃ったおはぎです(^^)
大満足な、お彼岸です。
POI

[ 2014/09/23 06:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

広島お好み村 お好み焼き

昨日の記事で、広島の新天地にある「お好み村」でホルモン焼きを食べたことを書きました。

そのホルモン焼きを食べた店のお好み焼きが皿に盛られて提供されるという、まあ、しようもない理由なんですが、その店でお好み焼きを食べるのを止めて別の店に向いました。
「お好み村」はビルの2階から4階まであるので、2階にあるホルモン焼きを食べた店を出てエレベータに乗り4階へ。
4階にある店は満員の店もあればそうでもない店もありで、どうもピンとこない。
で、3階に行って、ここの階も繁盛している店もあればそうでもない店もありました。

昨日の記事でも書きましたが、ここ「お好み村」で使っているソースは「ミツワソース」だからどこも味は同じと思っているので客の入っていない店へ(^^ゞ
店の名前は「たけのこ」です。
注文したのは定番の「肉玉そば」(豚肉、玉子、そば)

KIMG0555 (640x480)
肉玉そば 810円
麺は、そばかうどん、どちらか選べます

ここの麺は生めんを使っていて、その場で茹でたものを使います。
店によっては蒸し麺を袋から出して使うところもありますが、個人的にやはり茹で麺の方が美味しいように感じます。

そして、ここはちゃんと鉄板で食べられました。

KIMG0556 (480x640)

KIMG0557 (480x640)
ヘラで口に運びます

箸ももちろんあるので慣れていなければ箸で食べたほうがいいと思います。

広島お好み焼きはマヨネーズは使わないって方もいます。
そのためかこの店ではマヨネーズがテーブルにありませんでした。
でも、僕はお好み焼きはやはりマヨネーズつけたほうが美味しいと思うので、
「マヨネーズ」
って言ったら、奥の方から給食に出てくるようなマヨネーズを出してくれました。

お好み焼き、美味しかったですが、もう少しキャベツの量が欲しかったなあ。
もしかしたら今年は冷夏のためキャベツが不作で高いので量が少なかったのかもしれません。
キャベツたっぷりの広島お好み焼きのために、キャベツの豊作を祈ります。
POI
[ 2014/09/22 06:57 ] 食べ物 | TB(0) | CM(5)

広島お好み村 ホルモン焼き

広島といえば、お好み焼きですよね。
ということで先日広島に宿泊した時に、お好み焼きを食べに行きました。
(でも今日はホルモン焼きの話)

広島市内には有名なお好み焼き屋さんはあるけど、ホテルから歩いて行ける新天地の「お好み村」へ行きました。
地元の人はあまり行かないらしい、観光客向けの場所です(^^ゞ
ビルの2階から4階にかけて沢山のお好み焼き屋さんがあります。

KIMG0560 (480x640)

この「お好み村」で使われているソースはどの店も「ミツワソース」を使っているそうなので、味はどの店も同じじゃないかなぁと勝手に思っています。
ちなみに近くにある「お好み共和国」ではオタフクソースです。

と、いうことで、味はどこも同じと勝手に判断して、2階のエレベーターを降りたすぐ前にある店に入りました。
(店の名前は伏せます)
するとおばちゃんが、お好み焼きしか載っていないメニュー(3種類くらい?)を出して、
「どれにする?」
って聞いてきます。
観光客しか来ないのだから仕方ないのだろうけど、他にもメニューがあるのだからこれはどうかと思いました。

ひねくれオヤジは
「ホルモン焼きください」
って注文(^^ゞ

おばちゃんは一瞬、「え?」って顔してた(^^ゞ

KIMG0554 (640x480)
ホルモン焼き

美味しかったです。
ビールによく合いました。

このホルモン焼きを食べていると、次々と観光客が入店。
そして相変わらずお好み焼きのメニューだけを客の目の前に出して、
「どれにする?」

女子2人連れが入店した時は、女子がお好み焼きとホルモン焼きもって注文したら、
「お好み焼き焼くからホルモンを焼く鉄板のスペースがないのでホルモン煮込みにして」
って言うんです(^^ゞ
この二人は説得されてホルモン煮込みを注文しました(^^ゞ

ホルモン焼きを食べた後、お好み焼きを注文しようと思っってました。
でも、止めました。
なぜなら、お好み焼きを皿にのせて提供していたんです。

広島お好み焼きは鉄板の上でヘラを使って食べたいですよね。
店によっては「鉄板で食べる?」とか「皿にのせてもいい?」とか聞くんだけど、ここは有無を言わさず皿の上。
ということで、ホルモン焼き食べ終わったら勘定をして出て行きました。
POI
[ 2014/09/21 06:42 ] 食べ物 | TB(0) | CM(2)

広島城

広島城は、江戸時代、広島藩42万6000石の浅野家の居城で、日本100名城の一つであり、また名古屋城、岡山城と共に日本三大平城とも言われています。

KIMG0553 (480x640)

KIMG0548 (640x480)

NHK大河ドラマで「軍師官兵衛」が放映されていますが、その場面に出てくる毛利輝元によって1598年に天守閣は創建されました。
築城には輝元の叔父である小早川隆景が、隆景の友人である黒田官兵衛にアドバイザーとして参加を依頼したそうです。

そんな由緒ある広島城は、1945年まで現存して国宝に指定されていたのですが、アメリカ軍の原爆投下の目標地点にされ、原爆投下とともに焼失してしまいました。
現在の天守は昭和33年に再建されたものです。

KIMG0549 (640x480)

関が原の戦いの後、広島城は福島正則の居城になります。
しかし、城が洪水による被害を受けた時、正則は幕府に無届で城を修繕してしまいました。
これは武家諸法度を破った無届け改築ととがめられ、そのために福島正則は改易されて川中島へ移住させられます。
その後ここには浅野家が入り幕末まで続きました。
ちなみにこの浅野家は、赤穂浪士で有名な浅野内匠頭の本家にあたります。
歴史って面白いですね・・(^^ゞ

KIMG0550 (480x640)
堀に囲まれてます
堀には鯉が泳いでます


広島城の別名は「鯉城(りじょう)」です。
なぜ「鯉城」と呼ばれたかはいろいろな説があり、
広島城があった一体は昔「己斐(こい)浦」と呼ばれていたから、
堀にたくさんの鯉がいたから
等々、はっきりした説は無いのですが、江戸期には既にこう呼ばれていたということも云われています。

広島市内には、この「鯉城」を冠した名称が多いです。
鯉城通り、鯉城会館、鯉城高校等々。

そして「鯉」といえば、やはり
広島カープ
ですね(^^)

今年は「カープ女子」とかも話題になっているし、現在2位(2014/9/20現在)、巨人を倒してリーグ優勝して欲しいです。
♪カープ カープ カープ 広島 広島カープ♪
POI
[ 2014/09/20 06:51 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)
カウンター
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
フリーエリア