安徳天皇を祀り、耳なし芳一の舞台「赤間神社」

源平最後の合戦で二位尼に抱かれ壇之浦にわずか8歳で入水した安徳天皇を祀るのが山口県下関市にある赤間神宮(あかまじんぐう)です。

IMG_4258 (640x427)

IMG_4254 (640x427)

昨日のブログでも紹介した二位尼(平時子)の辞世の句
「今ぞ知る みもすそ川の 御ながれ 波の下にも 都ありとは」

この句は、幼い安徳天皇に
「海の底 にも素晴らしい都がありますよ」
と、言い聞かせた句だとか。

赤間神宮がまるで竜宮城を想像されるような建物になっているのは、第二次大戦で焼失した社殿を再建する際、こ句の意味をイメージたためだそうです。

赤間神社には平家一門の墓があります。

IMG_4244 (640x427)

ん?どうして神社に墓?

実は赤間神宮は阿弥陀寺という安徳天皇の霊を慰めるお寺でした。
それが明治時代の廃仏毀釈で神社となり、昭和15年から赤間神宮という名称になりました。

阿弥陀寺といえば、「耳なし芳一」の舞台です。

芳一は阿弥陀寺の盲目の僧で琵琶の達人。そして「平家物語」の弾き語りは師匠をもしのぐといわれていました。
その芳一が深夜外出を繰り返し、平家一門の墓の前で平家物語を奏でます。
それを見た寺の住職が芳一に憑いた霊を取り除くため、芳一の身体中に経文を書き綴りました。しかし耳に書くのを忘れたんですよね。
そして平家武将の霊が、お経が書かれていないために見える耳をちぎって立ち去ったっていう怪談です。

その耳なし芳一の堂が赤間神宮の境内、平家一門の墓のそばに建っています。

IMG_4247 (640x427)

IMG_4243 (640x427)

耳なし芳一の弾き語りが聞こえてきそうですね(^^;

赤間神宮の本殿には沢山の観光客が参拝していましたが、この場所に来る人はあまりいません、というかBBが訪問した時は皆無。
なのでこの場所に立った時にちょっと背中がゾクっとしました(^^;

800年以上前の平家の霊が芳一の「平家物語」を聴きたくて浮遊していたのでしょうか?
POI
スポンサーサイト
[ 2017/04/07 06:37 ] 神社 | TB(0) | CM(4)

出光佐三が結婚式を挙げた甲宗神社

海賊とよばれた男のモデル「出光佐三」が出光商会を設立した門司港。
この門司港に佐三が結婚式を挙げた神社があります。

IMG_4293 (640x427)

それが甲宗八幡神社で創建は1200年近く前の西暦860年、清和天皇によると伝えられています。
すごく歴史のある神社です。

ここで大正15年6月に佐三は結婚式を挙げたそうです。
神社に佐三は沢山の寄進をし鳥居もその一つ。

IMG_4296 (640x427)


鳥居の額に書かれた「甲宗八幡宮」という文字は佐三の直筆だそうです。

甲宗八幡の「甲宗 」の由来は、神功皇后が朝鮮半島に出兵した三韓征伐(さんかんせいばつ)の際に着用したとされる甲が御神体だからだそうです。
その御神体は50年に一度しか拝観できません。次回は2058年、見ることはできないなぁ(^^;

そんな歴史がある甲宗神社の社殿は新しいです。

IMG_4298 (640x427)

第二次大戦で焼失したので、1962年(昭和37年)に再建されたものです。

参拝した時に車祓いが行なわれていました。

IMG_4299 (640x427)

ゴミ収集車のようですが、交通安全はもちろん、作業中の無事、身の安全、機械の故障が無いよう祈願しているんでしょうね。
先日宮崎神宮を参拝した際は現金輸送車が御祓いを受けていました。
商用車というのはどれもお祓いをするんでしょうね。

この御祓いを見ていたら、なにやら神社背後の山でガサゴソ。

IMG_4301 (640x427)

IMG_4304 (640x427)

イノシシでした。

門司港は北九州市。
北九州市といえば都会のように思えますが、イノシシも生息しているいすんですね。驚きました。

このイノシシの祖先は、佐三が結婚式を挙げているときに裏山で見守っていたのかなぁ。
POI
[ 2017/03/31 06:30 ] 神社 | TB(0) | CM(4)

初めての日枝神社

東京出張時に宿泊したのがキャピトル東急で、部屋からなにやら神社が・・・。
なにやらって・・?日枝神社っていうのは知っているのですが真上から見るのは初めてです。名門都立日比谷高校も見えます。

IMG_4791 (640x480)

赤坂にある本社に通勤していたり、出張で何度も訪れている赤坂なのに実は日枝神社に一度も参拝したことがありませんでした。
ということで、ホテルから徒歩2分、行ってみることに。

IMG_4803 (640x480)

この神社は、大山咋神(おほやまくひのかみ)を主祭神とし、相殿に国常立神(くにのとこたちのかみ)、伊弉冉神(いざなみのかみ)、足仲彦尊(たらしなかつひこのみこと)を祀っているそうです。
っていうか知らない神様ばかりだ。

「大山咋神」は山の神様だそうです。

IMG_4804 (640x480)

創建年代はよく分かっていないようですが、600年ほど前の文明10年(1478年)に太田道灌が江戸城築城の際、川越の無量寿寺の鎮守である川越日枝神社を勧請したのに始まりだそうです。
お寺の鎮守??この時代は神仏習合でしたね。

社殿は新しく、東京の空襲で焼失したため新しく建てられたもののようです。
青空を背景に美しい姿ですね。

この社殿の右側に小さな神社がありました。

IMG_4808 (640x480)

ここは後で知ったのですが日枝神社の隠れパワースポットだそうです。
日枝神社の 末社で「山王稲荷神社」と「猿田彦神社」だとか。

仕事運や道ひらきに御利益があるそうです。猿田彦神だからでしょうね。

祀られている神様と御利益を後で知ったのでお参りを適当にしてしまったことを後悔。

実はこの末社を見たとき、女性の方だけがお参りしていて(男性は0)、もしかしたら安産とかそういうのに関係する神様が祀られていると勝手に思い参拝を割愛したのです。

次回、赤坂に出張の時はちゃんとお参りしようと思います。
POI
[ 2017/03/25 06:37 ] 神社 | TB(0) | CM(8)

宇佐神宮から送られてくる形代

毎年5月末頃と11月末頃になると宇佐神宮から形代が送られてきます。

IMG_3932 (480x640)

IMG_3933 (480x640)

和紙を人型と車の型に切ったものです。
人型の形代には、氏名、年齢(数え年)、生年月日を記入します。
記入した形代で全身を撫で最後に息を吹きかけます。

車の型のものは、登録番号と所有者か日頃よく使う人の名前を記入し、特に運転席周りを中心として車を撫で息を吹きかけます。

それらを宇佐神宮に持参するか、送り返すとお祓いをしてくれるのです。

このお祓いが行なわれる「大祓(おおはらい)」の儀式は、6月の晦日と12月の大晦日に行なわれます。
大祓とは、知らず知らずのうちに犯したであろう自らの罪穢れと社会の罪穢れを祓い去り、清き明き身に心に立ち帰って、新たな気持ちで次の半年を迎えるための神事だそうです。

初穂料(1000円以上の志)を奉納すれば後日神社からお札などが送られてきます。

IMG_2566 (480x640) (480x640)

と、ここまで書いておきながら昨年末形代を送るのを忘れてしまいました(^^;
ん~、昨年の7月から12月までの半年間に犯した罪穢れを背負って夏の大祓いまで過ごさないといけないんだろうなぁ。
それまでに宇佐神宮にお参りして罪穢れを許してもらうことにします(^^♪
POI

[ 2017/01/26 06:58 ] 神社 | TB(0) | CM(0)

宇佐神宮にお坊さん??

大分県宇佐市にある国宝宇佐神宮。

IMG_3644 (640x427)

日本全国におよそ11万の神社があるそうですが、そのうちの約4万6千社が八幡様と呼ばれる神社で、宇佐神宮はその八幡様の総本宮です。

1500年以上の歴史がある神社で、宇佐神宮境内は史跡になっています。

IMG_3531 (640x427)


広い参道を歩き手水舎を過ぎると階段を上って拝殿へ向かいます。

IMG_3570 (640x427)

鳥居の奥の宇佐神宮の景観を象徴する西大門を通ると南中楼門が見えます。

IMG_3585 (640x427)

この楼門の奥にある御殿が国宝に指定されているのです。
御殿は一之御殿、二之御殿、三之御殿があり、二之御殿は731年(天平3年)に、三之御殿は823年(弘仁14年)にそれぞれ神託によってり建立されました。
歴史がありますね~。

こちらは上宮で、参拝後は下宮に参拝するのを忘れてはいけません。
両方お参りしないと「片参り」になってしまいます。

IMG_3603 (640x427)
下宮

宇佐神宮は当時すごい力を持っていて、東大寺の大仏建立にかかわったり、勅使・和気清麻呂(わけのきよまろ)に国のあり方を説く神教を賜ったこともあります。

その力を持っていたゆえに奈良時代、大事件が起こります。
道鏡(どうきょう)事件です。
道鏡は超能力を駆使し、当時の天皇の病気を治したりして出世していきます。
そして宇佐神宮が「道鏡を皇位につけよ」とお告げをするのです。
影響力があった宇佐神宮がそんなことを言うからさあ大変。
この続きは長くなるので割愛します(^^;

大仏の建立、道教事件、そう、宇佐神宮は神社なのに仏教ともかかわっていたのです。
さらに言うと、大分県の国東半島に広がるお寺の境内には宇佐神宮の神様を祀った神社があるのです。
神仏習合なんです。
おもしろいですね。

先日宇佐神宮に参拝した時に鎌倉時代より前から存在する呉橋のほうに歩いていたら、なんとお坊さんの姿を発見。

IMG_3613 (640x427)

神宮境内にお坊さん。
ちょっと違和感があったけど、やはりここは神仏習合の地、お坊さんも神様も仲良くしているんです(^^)
POI
[ 2017/01/24 06:57 ] 神社 | TB(0) | CM(6)