小浜温泉のなが~い足湯「ほっとふっと105」

長崎県の小浜温泉に日本一の足湯「ほっとふっと105」があります。

IMG_1707 (640x427)

「105」の意味は、
小浜温泉の源泉温度が105℃だからで、それにちなんで足湯の長さも105mなんです。

足湯は底には小石があり足裏のツボを刺激してくれ、小浜温泉を歩いて観光した後には最高。
そしてペットも入れる「ペット足湯」も端の方に設けられています。
さすが日本一の足湯です。

さらにこの足湯のおススメは橘湾に面しているために夕焼けを楽しみながら利用できることです。

IMG_8367 (640x427)

足湯に流れる温泉の源、棚湯。

IMG_1706 (640x427)

高温の豊富な温泉が流れ落ちていて、湯煙が立ち上っています。

そして蒸し釜もあるんです。

IMG_1708 (640x427)

自分で食材を持ってきて高温の温泉蒸気で蒸せば美味くいただけます。
蒸しかごは借りないといけないですが、蒸しがまの利用は無料。
食材が蒸しあがるまで足湯でのんびりと過ごせば最高です。

さすが源泉温度日本一の小浜温泉です。
POI
スポンサーサイト
[ 2016/11/06 06:49 ] 温泉 | TB(0) | CM(4)

人吉温泉の「人吉旅館」

熊本地震後、熊本県内の温泉はキャンセルが相次ぎ客足が遠のいています。
それは地震で被害が出た南阿蘇だけでなく、地震による被害が全くなかった県南の人吉温泉も例外ではありません。

今回「九州ふっこう割」を利用してキャンセルが相次ぎ観光客が減少している人吉温泉に宿泊しました。

宿泊したのは人吉温泉で常宿にしている「人吉旅館」。

この旅館は建物が国の登録有形文化財ということもあり、多くのTV取材などを受ける有名旅館です。
それでも今回の「ふっこう割」で少しは予約が増えたそうですが、ふっこう割がなくなった後にまた減少するのではと女将が言っていました

部屋からは雄大な流れの球磨川を望むことができます。

人よし旅館2

廊下は歩くとミシミシ音がするほど年季が入っていて古さを感じますがピカピカに磨き上げられています。

人よし旅館3

有形文化財に登録されているので大掛かりは補修工事が出来ないそうです。

鉄筋コンクリート旅館でも、畳にタバコの焦げがあったり埃がたまっていたり、どうしようもない旅館がありますが、ここは綺麗に掃除されていて建物の古さを情緒に変えています。

温泉は100%源泉掛流しで飲泉ができ、温泉出口にコップが置いてあります。朝晩に飲むと胃腸にいいと効能に書かれていました

人よし旅館5

浴槽は、男女入れ替えになっている内湯のみで、片方の浴槽は湯の深さが腰まである昔のままのものです。
そのためゆっくり座って湯船に浸かれるように浴槽内に木のベンチが設えてあります。

人よし旅館6

温泉を掘り当て、昭和9年に旅館を開いたことが始まりの老舗温泉旅館。
情緒たっぷりの風情と、心温まるおもてなしがうけられる旅館です。
POI
[ 2016/08/22 06:39 ] 温泉 | TB(0) | CM(0)

混浴の宿「夢龍胆」@黒川温泉

黒川温泉「夢龍胆(ゆめりんどう)」に昨年宿泊して料理が美味しかったので先日「九州ふっこう券」を利用して宿泊しました。
そういえば、昨年は「くまもっと楽しむ券」の利用だった・・・(^^;

IMG_2743 (640x640)

広々ロビー

IMG_1230 (640x427)

ロビーからは庭の池が見え、鯉が泳いでいます。

IMG_1231 (640x427)

部屋は新館と本館がありますが、本館がおススメ。この庭が一望できるので。
今回は一人旅(前回もそう)だったから新館の部屋に案内されました、それも1階。窓を開けても眺望は全くありません。
昨年も新館だったけど2階だったから、まだましでした。
「九州ふっこう割」使用しているからじゃないよね・・・(^^;

お風呂は露天と内湯が男女ともに用意されています。

IMG_2713 (640x640)

IMG_2712 (640x640)

で、この露天風呂が混浴なんです。
脱衣場は男女別になっていますが。
とはいえまさか入ってこないですよね、女性用の露天風呂が用意されているのに。

が、今回いたんです女性が・・・。
で、恥ずかしくて、さっさと上がって内湯に移動・・・。

そしたらなんとまた女性が・・・・こちらは白人のカップルでした・・・。

内湯は男性専用なので注意しました。
英語はかろうじて通じて出て行ってくれましたが・・混浴というのも困ったものです。
中止したほうがいいんじゃないかなぁ。

いろいろあった温泉の後は食事。
昨年は部屋食だったけど今回は食事処でした。宿のHPをみると「食事は食事処で」ってなっているからシステムが変わったんでしょうね。たぶんスタッフの確保が難しくなったのかなぁ?

IMG_2716 (478x640)

IMG_2717 (478x640)

上は熊本名物「馬刺し」。
昨年は、柚子胡椒がついていて美味しくいただけたのに今回はなし・・・残念
下は豊後牛、昨年は焼き立てのジュージューいっている肉を持ってきてくれたけど今回は自分で焼きました。

なんか、ちょっと昨年と違いすぎて残念。

でも朝ごはんはしっかり牛乳が出ました。これは前回と同じ。

IMG_2735 (478x640)

いや、小松菜とバナナを混ぜたスムージーは昨年なかったから違うかな(^^;

昨年泊まってよかったから期待した分、ちょっと残念の滞在でした。

やはり一番驚いたのは混浴に本当に入ってくるんだってこと。
迷惑を考えて欲しいです。
POI
[ 2016/08/09 06:42 ] 温泉 | TB(0) | CM(6)

またまた行きました 「御宿 友喜美荘」

先週末にまたまた、おんせん県おおいたの日本一の炭酸泉長湯温泉にお邪魔しました。
宿泊したのはもちろん「御宿 友喜美荘」です

7部屋しかない小さな旅館で、そして高級旅館ではないですが、ここにくるとホッとします。

IMG_1277 (640x640)

IMG_1274 (478x640)

このストーブの前でいただくチェックイン時の店主手作りの茶菓子がまた美味しいんですよ(^^)

温泉はなんといっても日本一の炭酸泉。
炭酸が血管にしみこみ、血液中が炭酸で酸欠になるから、酸素を送ろうと血流が増して体が温まるのです。
湯の花がびっしりこびりついた温泉は見ただけで効能がありそうです(^^)

IMG_1244 (640x640)

温泉のあとはもちろん店主が心を込めて作った創作懐石。

IMG_1249 (640x640)
前菜
IMG_1250 (478x640)
先付 峰岡豆腐
IMG_1253 (478x640)
椀盛り れんこん餅
IMG_1256 (478x640)
造り エノハ(山女魚)
IMG_1257 (478x640)
しのぎ うなぎとかぶ山芋玉子あん
IMG_1260 (359x480)
焼き物 特選豊後牛
IMG_1262 (640x478)
揚げ物 エノハ 野菜天ぷら(赤いのは紅しょうがの天ぷら)
IMG_1263 (640x640)
焚合せ とれたて蕪の一個蒸し

このあとは生姜ご飯と漬物、デザートはカボチャのケーキでした。
一品一品温かいものは温かいうちに出されるのでとても美味しく、由布院温泉のちょっといい温泉旅館に引けを取らない料理の内容です。

そしてなんといっても朝ごはんが最高!

IMG_1271 (640x478)

見た目は普通です。
でもだし巻き卵が美味しいんです、うらぎられません。

そしてなんといっても温泉水で炊いたご飯、ちょっと黄色いのがわかりますか? これがもうたまりません。
今回もこのご飯をいただくために泊まったようなものだから(^^ゞ

おんせん県おおいたは湯布院や別府ばかりが注目されるけど、日本一の長湯温泉にも足を延ばしてほしいなぁと思います。
下記、「たびねす」の記事も合わせてご覧ください。
たびねす「友喜美荘」
POI
[ 2015/12/27 06:50 ] 温泉 | TB(0) | CM(0)

入湯手形をもって瀬の本高原 三愛ホテル

昨日に続き、入湯手形で温泉めぐりの記事です。
黒川荘で立ち寄り湯をした後に、瀬の本高原にある三愛高原ホテルの露天風呂へ行きました。
ここは黒川温泉中心部から5kmほど離れていて、やまなみハイウェイと国道442が交差するところにあるのですが、標高が920mのまさに高原です。

IMG_1239 (640x640)

IMG_1238 (640x640)

入湯手形の受付は売店で、となっていたのだけど誰もいません。
実は訪問したのが先週金曜日の午後1時位だったのですが、さすがに平日のこの時間は客はいませんよね(^^;
そのまま入っちゃおうかと思ったけど、ロビーのチェックインカウンターで呼び鈴を押してスタッフを呼んで手形にはんこを押してもらいました。

さてここの露天風呂なんですが、本当に、露天風呂なんです。
風呂のある場所は建物から100mくら離れています。

IMG_1235 (640x640)
こんな道をすすんでいきます

そして露天風呂に到着。

IMG_1232 (640x478)

眺めが最高です!
右に見える山は根子岳、その右方向には阿蘇五岳を望むことも出来ます。
寝湯もできる場所があり、夜は満天の星を眺めながら入浴できます。

でも、この時期夜は氷点下になる日も多いので、建物から露天風呂に到着するまで寒さに耐えないといけないですが(^^;

泉質はイマイチですが眺めは最高の露天風呂でした。
POI
[ 2015/12/23 06:55 ] 温泉 | TB(0) | CM(2)