根室市のソウルフード「エスカロップ」って知ってますか?

納沙布岬を後にして一路「知床」へ。

根室市街地を抜けたあたりでちょうどお昼時ということもあり、どこかでランチをと考えていたら道の駅「スワン44ねむろ」があったので立ち寄りました。

ここでいただいたのが根室のソウルフード「エスカロップ」

esukaroppi (5) (640x480)

根室といえば秋刀魚ですよね。
こんなメニューもあってすごく悩んだんです。

esukaroppi (4) (480x640)

まさに秋刀魚尽くし。
今回の北海道旅行の目的が「秋刀魚」だったので本当に悩みました。

が、秋刀魚は別の場所でも食べられる。
でも根室のソウルフードは根室だけ。

ということでエスカロップをオーダー(^^)

esukaroppi (3) (640x480)

esukaroppi (2) (480x640)

写真にある説明では、1963年に根室市内にあった洋食屋さんが開発したメニューのようです。
そして「エスカロップ」の語源は、フランス語の escalope (肉の薄切り)なんだとか。

でも肉は分厚かったです(^^)

esukaroppi (6) (480x640)

エスカロップは最初、仔牛の肉やマッシュルームという当時は貴重で高価な食材を使っていたそうで、まだ現在みたいに流通が発達していない時代は根室で手に入れる事は大変だったんでしょうね。
だからだんだん変化し、たとえばマッシュルームがタケノコに変わったり、肉は豚肉に。

根室ではどのくらいのお店がエスカロップをメニューに出しているんだろう。
食べ歩いてみたい・・・でも2軒が限度かな(^^♪

50年以上続く根室のソウルフード、とても美味しかったです。
POI
スポンサーサイト
[ 2017/10/03 06:32 ] 食べ物 | TB(0) | CM(8)

釧路で秋刀魚握りずし食べました(^^)

昨日、釧路に戻ってきました。

ホテルで「秋刀魚の寿司が食べたい」とお願いして、日曜日なので閉まっている店が多い中、秋刀魚を食べさせてくれる店を探してくれました。

そして、向かった店で最初にいただいたのが、秋刀魚の刺身とタタキ。

045_convert_20170924205222.jpg


刺身も美味しいけど、タタキがめちゃくちゃ美味しかったです。
タタキってカツオのイメージだけどまったく違います。
なんていうのか・・・・言葉にできない美味しさ、初めて食べました。
北海道だからこその味わいですね。

釧路の辛口日本酒によく合いました。

そして何かおススメはありますか?
と聞いて出されたのが、イワシの刺身。

051_convert_20170924205256.jpg

いやぁ、こんなイワシは食べたことがないです。
脂がのっていて、とろけるんです、口の中で。
秋刀魚も美味しいけどイワシも最高!

そしてさらに、お酒のあてにおススメのニシンの麹漬けもいただきました。

052_convert_20170924205359.jpg

♬ニシンきたかと カモメにとえばぁ♬
なんて口ずさみながら、食べませんでしたが(笑)
熊本では食べられないです、これも釧路のお酒によく合いすごく美味しかったです。

で、〆。もちろん握りずし。

054_convert_20170924205440.jpg

イワシがすごく美味しかったのでそれの握りも。
左がイワシの握りで右が秋刀魚。
めちゃくちゃ美味しい、釧路最高!

北海道に来た最大の目的は秋刀魚の握りずし。

ということで秋刀魚の握りを追加(^^)

056_convert_20170924205513.jpg


きれいですねぇ。
美味しそうですね。
もう大満足でした。

ちなみにこれらをいただいたのは釧路繁華街にある「都寿司」さん。

059_convert_20170924205544.jpg

なんと握ってくれた若大将?は福岡県糟屋郡出身なんだとか。

そしてさらに、大将は11月に熊本の鶴屋百貨店であるイベントで出店するそうです。

鶴屋でまた会いましょう、と大将と約束をして店を後にしました。

釧路ってなんか縁があるなぁ、なんて勝手に思いました。
POI
[ 2017/09/25 06:15 ] 食べ物 | TB(0) | CM(10)

西日本一の栗の生産地「山鹿」の栗団子が美味しい

初めてなのに懐かしい。
そういうキャッチフレーズの熊本県山鹿市。

山鹿温泉や山鹿灯篭踊りが有名です。そして築100年を超える芝居小屋「八千代座」も。

そんな山鹿ですが栗の生産が西日本一なんです。
はい、日本一ではなく西日本一(^^♪
ちなみに日本一は茨城県で、山鹿がある熊本県が日本第二位です。

その山鹿を先日家内が訪問したときに「栗団子」を買ってきてくれました。

kuridanngo (1)

もちもちした生地にたっぷりの栗が包まれています。
栗の美味しさが口いっぱいに広がる美味しい団子でした。

菊鹿(きくか)栗使用の相良(あいら)名物の栗団子です。

kuridanngo (2)

栗といえば「栗饅頭」もあります。

相良は「栗まんじゅう」も名物だそうです。

でもこの栗まんじゅうは、ニッケの味がするそうです(家内の試食)
それでニッケの味がしない栗団子を買ってきてくれました。
でもなんでニッケ? 
調べたら、饅頭の下にニッケの葉が敷かれているみたいです。抗菌効果?

これはこれで美味しいのでしょうが、球磨地方の山江の栗饅頭とか五木村の栗饅頭と比べるとちょっとどうかなと思います。

相良の栗団子は栗そのままの美味しさが口いっぱいに広がる絶品。
栗の生産は日本二位だけど、美味しさは日本一ではないでしょうか。
栗の季節、皆さんに食べていただきたいです。
POI
[ 2017/09/20 06:39 ] 食べ物 | TB(0) | CM(2)

Vie Aimableのケーキが美味しい

台風一過の晴れ間は広がっていないけど静かな熊本の朝です。
昨日は一瞬暴風雨でしたが、その後は若干風は強いものの雨はやみました。

熊本はたいした被害はなかったのですが、宮崎や大分、特に佐伯や津久見、そして臼杵では大雨で川が氾濫したようです。
これらの土地はとても縁がある場所なのでテレビで被害状況を知ってとても心配になりました。

今回の台風は大雨をもたらせるのでこれから近づく地方の方は十分に注意して欲しいです。

さて、その台風が熊本に近づいてきているとき、沢山の人が買出しのためかスーパーに行く渋滞が発生していたのですが、それを横目に非常食のケーキを買いに行きました(^^;

vie amarble (1)

クリーミークラシックというケーキです。
しっとりふわふわ、チョコの味がしつこくない美味しいケーキでした。

このケーキを買いに行ったのが「vie aimable」。

vie amarble (5)

美味しいケーキが沢山売られています。

vie amarble (2)

二段目の左端にあるのは「まるごと黄金桃」。
桃が丸ごと包まれていてこれもすごく人気があるケーキです。

以前、「午後3時頃にケーキを食べると夕飯ごろまでなんかムカムカする」
って書いたことがありますが、ここのケーキはそんなことになりません。

とても美味しいおススメのケーキです。

こんなのが飾られていました。

vie amarble (4)

ハロウィンって10月末なのに、ちょっと早すぎ?
でもデパートではもうおせち料理の予約販売を始めているから、それに比べれば早くはないか。

ハロウィンが終わったらすぐクリスマスケーキの予約。

今年ももうそんな時期になってしまったんですね。
一年は早いです。
POI
[ 2017/09/18 06:06 ] 食べ物 | TB(0) | CM(4)

キナイカフェで五木の山めし膳

台風18号がいつのまにか大型になって強い勢力を保ったまま九州、それも熊本を直撃しそうだ。
アメリカ海軍の進路予想では上陸後、日本海に抜けていくようだけど、気象庁の進路予想は列島縦断。
いずれにしても九州直撃は間違いなさそうなので準備しなくちゃね。
あと上陸後はスピードを速めるから勢力を維持したままだと「りんご台風」みたいになりそうなので、北の地方の方も十分注意してください。

さて、昨日紹介した五木村の「ヒストリアテラス五木谷」にはカフェも併設されています。

ちょうどお昼時だったのでそこでランチを。
食べたのは「五木の山めし膳」。

いつきごはん (15) (640x480)

といっても実はこれしかメニューにないのです(^^♪

いつきごはん (10) (480x640)

でも、五木村の昔の生活(特に娘たちが子守奉公に出された時代など)をヒストリアテラスで学んだ後に、カレーとかスパゲッティーとかハンバーグとか食べる気にはなりません。

五木村で農作業の時に持っていったのであろうおにぎりとか油味噌のランチがいいのです。

羽釜で炊いたご飯で作ったおにぎり

いつきごはん (17) (640x480)

おにぎりと小鉢の間にあるのが油味噌。
おにぎりにこれをつけて食べるのが五木流。
農作業には必ず持っていったのだとか。

とても美味しかったです(^^)

五木村で採れた野菜

いつきごはん (19) (480x640)

そして具沢山の熊本名物「だご汁」

いつきごはん (16) (480x640)

普通のだご汁の団子は白いのだけど五木村のはヨモギが練りこんでいました

いつきごはん (1) (480x640)

素朴な味でどれも美味しくいただきました。

食べ終わってちょっと寛いでいたら、スタッフのおばちゃん(失礼、もしかしたら同じくらいの年齢?(^^♪)がお茶を持ってきてくれて、話し相手になってくれました。
五木の山めし膳は自分たちも食べて皆に喜んでもらうものを出しているそうです。
五木村はこれから秋になると紅葉がきれいですよね、なんて話したら、春の山桜の季節のほうがおススメだそうです。
なんてことをしばらく話しました。

そして話し終えて厨房に戻ったおばちゃんは・・・おばちゃんだから声が大きい・・・・
他のおばちゃんに
「一人で寂しそうだったから話をしてきてあげた。〇〇から来たらしい。料理の量はちょうど良かったと言っていた・・・などなど」
BBとの会話の内容を報告されていました(^^;

ここのカフェの名前はキナイカフェ
「キナイ」は「来ない(いらっしゃい」という意味です。
五木村の奥様達が腕をふるって調理してくれます。

店内は五木村をイメージしたような古民家風ではなくもモダンなつくり

いつきごはん (13) (640x480)

そしてBGMは子守唄ではなく、なんとジャズ。

メニューの「五木のやまめし膳」とのギャップがまたなかなかいいカフェです。

ぜひヒストリアテラス五木谷を訪問したときは立ち寄ってみてください。

一人で行くと優しいおばちゃんが話しかけてくれるかも(^^♪
POI
[ 2017/09/16 06:13 ] 食べ物 | TB(0) | CM(14)
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア