Big Bobbyの日記

こんにちは、Big Bobby です。

なぜ、Big Bobbyか?

愛猫の名前がBobbyで、どうもこのBobbyに似ているらしい。
近所の方からもそういわれます。

そのため最近は「BBさん」と呼ばれています。

そんなBig Bobbyの食べ物や、旅行など、いろいろを綴っていきます。

「たびねす」という旅行サイトに「肥後球磨門」のペンネームで旅行記事を投稿しています。
よろしかったら訪問してみてください。
肥後球磨門(たびねす)

Bobby.jpg

スポンサーサイト
[ 2037/01/01 17:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(42)

錦帯橋と佐々木小次郎

山口県岩国市にある錦帯橋の近くに「佐々木小次郎」の像がありました。

IMG_5513 (640x427)

でもどうしてここに?
“佐々木小次郎が錦帯橋で柳の枝が燕を打つのを見て、「燕返し」の術を得た”
という説からここに像があるようです。

でも、錦帯橋が出来たのは、あの有名な巌流島の戦いから50年以上も経ってからなんですよね(^^;

IMG_5509 (640x427)

美しい錦帯橋です。

1673年、岩国第三代藩主の吉川広嘉が最初に錦帯橋を架けました。

最初の橋は完成した翌年に流出しましたがすぐ再建され、その後1950年9月の台風による洪水で流失するまで276年の間、架替えを繰り返しながら威容を保った橋です。
1950年の流出のあと鉄筋コンクリートで再建という意見もあったそうですが、市民の強い要望で1953年に木造の錦帯橋として再建されました。

佐々木小次郎と錦帯橋の描写は「宮本武蔵」を書いた吉川英治の創作のようです。
佐々木小次郎の像のそばにある碑には、

“祖先以来、岩国の住、姓は佐々木といい、名を小次郎と親からもらい、また 剣名を”巌流”とも呼ぶ人間は、かくいう私であるが・・・”
と、吉川英治の小説「宮本武蔵」の一節が書かれていました。
 
IMG_5512 (640x427)

どうして吉川英治は佐々木小次郎と錦帯橋を結び付けたんでしょう?
もしかしたら、錦帯橋を造ったのが岩国城主の吉川氏であったので、同じ苗字にひかれてここを舞台にしたのか?
天国にいる本人に聞いてみたいです。
POI
[ 2017/03/29 06:31 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

皇居といえば二重橋

皇居といえば、
♪ここが ここが二重橋 記念の写真を撮りましょうね♪
の二重橋。

僕はず~っと長い間ここが二重橋と思っていました。

IMG_4837 (640x480)

でも本当は違うんだって。
この眼鏡橋の奥にある鉄製の橋が本来の二重橋なんだそうです。

でも、記念撮影するにはこの橋を背景にするわけで、島倉千代子の歌った歌詞も間違い?

Wikiさんに聞いたところ
“宮内庁や環境省等においては「二重橋」は正門鉄橋のことをさすとしながらも、2つの橋の総称としても用いられるとの二つの説明をしている。”

ということで、全く間違いでもなさそうです。
ま、分けわかんないけど東京観光の名所のひとつですね。

ややこしいといえば「桜田門」
桜田門といえば「桜田門外の変」

でも、桜田門って二箇所あるんですよ。どっち?

IMG_4832 (640x480)

IMG_4839 (640x480)

上が“内桜田門”、したが“外桜田門”のようです。

でも『桜田門外の変』って“外”のついている場所が違うし・・・・。
ややこしい。

外桜田門のそばには高麗門と呼ばれる、これまた桜田門があるんです。

IMG_4844 (640x480)

どうもこの門の外で事件は起こったようです。

ん~いろいろ勉強になった皇居散策でした。
日枝神社から歩き出し、国会議事堂、武道館、東御苑、二重橋、桜田門、そして赤坂のホテルと17000歩も歩きました。革靴で(^^;
もうしばらくはいいかな東京見物。
POI
[ 2017/03/28 06:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)